2016年黄金崎ビーチ

2016年黄金崎ビーチ

2016年ビーチの出物ベスト8(出現順)
(3月)
まだ肌寒い海(でも水温は15-16℃と高かった)に我を呼び出したのは
マニア心をびんびん刺激するこの2枚貝だった
3月-4月と この仔達に会うために通ったっけ
2016.04.09 (29)
オウギウロコガイ Galeomella utinomii ウロコガイ科

(5月)
本格シーズンインの前にまた休もうかと思っていたところにこの仔が出現
何気に萌えますた^m^
2016.05.14 (17)
サザナミウシノシタ(幼魚) Soleichthys heterorhinos ササウシノシタ科
(7月)
5月のサザナミウシノシタに続きまたまたウシノシタの幼魚
サザナミほどの派手さは無いが通好みの渋さがある
2016.07.30 (23)
シマウシノシタ(幼魚) Zebrias zebrinus ササウシノシタ科
(8月)
今期唯一自分発見のネタ
夏休みはこの仔ばかり追っていた
2016.08.13 (14)
コマハゼ(稚魚) Luciogobius koma ハゼ科
(10月)
去年から話題になっていたシムランスだが
どうせじじぃの目には見えんじゃろと諦めていたが
この仔は見つけやすく撮りやすい個体だったので ようやく話題に乗れた
2016.10.15 (23)
フィコカリス・シムランス Phycocaris simulans モエビ科

ものすごい隙間にいて撮りづらかったコミナトテンジクダイ
良くこんな隙間で見つけるな~と若いガイドの力に感心した
2016.10.22 (21)
コミナトテンジクダイ Apogon kominatoensis テンジクダイ科
(12月)
お次はまたまた隙間で撮りづらい位置にいるイットウダイ
最初はアヤメエビスと決め込んでいたのだが2週間後にS先生から連絡があって
【クロオビエビス】だと判明
聞いたことがないと思っていたのだが 今回ランキング作成で
2013年にタケさんがスロープ脇で発見した おの仔もクロオビエビスだったと判明
忘れてた...
2016.12.10 (3)
クロオビエビス Sargocentron praslin イットウダイ科

そして最後は沖の方で発見したモンガラカワハギの成魚(@_@)
2016.12.03 (26)
モンガラカワハギ(成魚) Balistoides conspicillum モンガラカワハギ科
(まとめ)
全体的な印象としては 春頃のスタートダッシュが良いシーズンを予想させるも
インパクトに欠ける地~味な一年だった
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
潜り納め  ←潜り納め 【2016年12月】の更新記事一覧 →狭いから  狭いから
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索