ハルキゲニア

2015.03.14 (52)
ウミケムシ Chloeia flava ウロコムシ科
三保のウミケムシは安良里のに比べると倍ほども大きい
底質の問題なのかか 色も濃くてビビッドだ
ぬらぬらと這う姿を見ていると
バージェス紀のハルキゲニアなどは
きっとこんな姿をしていたのだろうかと
太古の生物たちに思いを馳せてみたり

2015年3月14日(土)真崎、三保



コメント

非公開コメント