被写界深度

被写界深度

12.06.02  (74)
ツルガチゴミノウミウシ Favorinus tsuruganus アオミノウミウシ科
機材がどれだけデジタルになっても
被写界深度がほぼフィルムの時のままと言うのは
レンズのせい?それとも未熟な技術のせい?
シビアなピントが欲し~いっ!
2012年06月02日 黄金崎公園ビーチ、安良里
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索