カシパン統計

カシパン統計

12.06.02  (96)
どれぐらいいるのか 気になったので統計を取って見た
ロープを挟んで西側のスカシカシパンには 5枚めくって1匹しか付いていなかった
そして先週撮影した東側では6枚めくって全く付いていなかったのは一枚のみ
残りの5枚には 2~3匹付いていた
この偏差は一体どこから来るのだろう?
まだまだサンプル母体が少ないのでなんとも言えないが
来週も引き続けてめくって見ようと思う
2012年06月02日 黄金崎公園ビーチ、安良里
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
カノコダカラ  ←カノコダカラ 【2012年06月】の更新記事一覧 →被写界深度  被写界深度
 

~ Comment ~

ほっ

kudamakiさん 今晩は

そうですよね(^^ゞ
びっくりしました
ひょっとしてカシパンも食べる地方があったのかと(汗)

というと この貝たちはカシパン自体を食べているんですか?
排泄物とかでは無く?

ただ

カシパンの気持ちになって考えたら、美味しいのかなと思ったりしたのですよ。
きつきつぼさんの得意?なおやじギャグではありません。

●kudamakiさん お早うございます
幸い安良里のビーチはカシパンが非常に多いので観察自体は楽に出来ます
潜りがてら目に付いたカシパンをひっくり返しているだけなんですけどね(笑)
ところでカシパンが美味しいって?まさかこのカシパンではないですよね?
カシパン食べるところなどありましたっけ(?_?) 菓子パンとかですよね?

●きつきつぼさん お早うございます
この分布の偏りをもっと詳細に語るには サンプルを増やさないと行けませんね
もうちょっとデータを取ってみます
生物の居心地に関して言えば
季節的にやってくる魚なども必ず同じ場所に戻ってくるので
何かしら惹きつけるものがその場所にはあるのでしょうね

どうやら寄生貝はスポット的に分布しているようで、寄生主が採れても海域や地域によって寄生貝が付いている場合、全く付いていない場合が見られるような気がします。
極端な例を挙げますと、干潟の棘皮に付くハナゴウナ科の貝でも、干潟のうちのある部分にスポット的にしか棲息していない例もあるようです。
他の貝や底生生物にもこのことが言えていると思いますので、寄生貝にかかわらず、生物の居心地や繁殖次第でそう言った斑ができてくるのだと思います。

頑張ってますね

こんばんは。
統計お疲れ様です。[腟究��絖�:v-398]
そうですね、密度の違いはいったいどこからくるのか、解明できれば面白いですね。
こっちのカシパンは美味しいとか[腟究��絖�:v-407]
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索