2016.01.17 (10)
アオスジテンジクダイ Apogon aureus テンジクダイ科
幼魚の頃から同じ場所で観察しているアオスジテンジクダイ
すっかり成魚となって まだ頑張っている
アオスジがビーチでここまで大きくなるのは久しぶりか(*^_^*)
2016年01月17日(日)黄金崎公園、安良里

2016.01.17 (2)
コガネスズメダイ Chromis albicauda スズメダイ科
普段はヒマワリしか撮らないのだが
このコガネの仔にはなんかビビッと来た(ー_ー)!!
2016年01月17日(日)黄金崎公園、安良里

2016.01.17 (15)
イナズマベラ Halichoeres nebulosus ベラ科
シーズン中はびゅんびゅん動き回って レンズを向ける気にもならないベラたちも
水温の低下とともに動きが鈍くなってきて
ときおりぴたっと止まってくれるようになった
撮る分には嬉しいのだが シーズンの終わりが近いのが感じられて
ちょっと寂しい...
2016年01月17日(日)黄金崎公園、安良里

寂しげなニョロ吉

秋口からずっと楽しませてくれたミノ吉も 年末からずっと姿が見えない
水温の低下と共にどこかに引っ越したのか それともお隠れになってしまったか
ひょっとしたら上手く越冬してくれるかもと 淡い期待をしていたのだが
自然はそんなに甘くなかったようだ

画像はミノ吉ハウスにぽつんと残されて ちょっと寂しげなニョロ吉
2016.01.17 (13)
ホソウバウオ Pherallodus indicus ウバウオ科

2016年01月17日(日)黄金崎公園、安良里

最後までシャイな仔

2016.01.17 (11)
ゴテンカエルウオ Entomacrodus thalassinus イソギンポ科
今シーズン始めのころから ずぅーっと同じフジツボで観察しているこの仔
水温が15℃近くまで下がり 流石にそろそろ厳しくなってきたようで
フジツボの中で動かなくなっていることが多くなった
たまに顔を出してもせいぜいここまでで 一度も胸鰭を撮らせてくれなかった
毎週通っていたのに結局全然慣れてくれないシャイな仔だった(T_T)
2016年01月17日(日)黄金崎公園、安良里

季節感

今日などは雪も降り ようやく冬らしくなって来たのだが
年末年始にかけてちょっと異常な暖かさだったからなのか
土肥の街道沿いは菜の花が咲き誇ってる
2016.01.17TX-7 (3)
わー綺麗(*^_^*) って言ってる場合じゃなくて
季節感が...
春になったら一体どうなるのか(p_-)
2016.01.17TX-7 (1)

2016.01.17TX-7 (2)

2016年01月17日(日)国道136号、土肥

2016年一発目の安良里

2016.01.17TX-7 (9)
さて今年一発目の安良里  海はご覧のベタ凪ぎで絶好のダイビング日和
軽く海に掌を合わせて 今年も良いダイビングが出来ますようにと 祈った(*^_^*)
2016年01月17日(日)黄金崎公園、安良里

2015年安良里出物ベスト10

少し(大分?)遅くなったが2015年のビーチ出物ベスト10(裏)
もったいぶらずに早速1位から
一位 シュードコリス・オセラータス
シュードコリス・オセラータス2015.09.12 (61)
二位 ホシニセスズメ
ホシニセスズメ2015.11.21.29安良里
三位 オグロクロユリハゼ(ピンクVar.)オグロクロユリハゼ2015.09.19.34安
四位 カスリイシモチ
カスリイシモチ2015.09.19.18安
五位 アカテンモチノウオ
アカテンモチノウオ2015.09.12 (38)
六位 メイチダイの一種 地味仔
メイチダイ?2015.09.05.55安
七位 コンゴウテンジクダイ
コンゴウ?2015.10.25 (13)
八位 ゴテンカエルウオ 今年も来てくれて有難う(*^_^*)
2015.10.04 (47) (1)
九位 オキナワスズメダイ(幼魚)
オキナワスズメダイ2015.09.12 (21)
十位 オオメハゼ
オオメハゼ2015.09.21 (57)

以上 個人的ベスト10でした
このほかにもまだまだあったが切りがないのでこの辺で
えっ?年末にやれって?(^^ゞ

バラフエダイ

2016.01.09 (68)
バラフエダイ(幼魚) Lutjanus bohar フエダイ科
スズメダイの群れに中に一匹偽者が混ざっていた
2016年01月09日(土)真崎、三保

ムニエル

2016.01.09TX7 (39)
クロウシノシタ Paraplagusia japonica ウシノシタ科
三保ではエギジットの前に安全停止で少し滞在する斜面がある
興奮のダイビングを終えて 本来なら少しクールダウンする時間なのだが
ご存知の通り三保ではフィンを脱ぐまで(フィンを脱いでも?)気を抜けない
今日も3mラインで安全停止中 鉄さんが砂地に手を掘り入れて何かを掘り出した
すると「高級食材来た~ヽ(^o^)丿」
Kさんにムニエルにしてもらいたい...
などと不謹慎にじゅるじゅるしながら激写してましたとさ
2016年01月09日(土)真崎、三保

お約束のサクラダイ

2016.01.09 (72)
サクラダイ Sacura margaritacea ハナダイ科
三保のお約束 サクラエビとサクラダイ^m^
いつもながらに沖堤のサクラダイの群れは見事の一言
2016.01.09 (57)
雄も雌も幼魚もこの水深で好きなだけ撮り放題って 実に有り難いポイントなのだ
2016年01月09日(土)真崎、三保

14年ぶりの再会

2016.01.09 (35)
スベスベオトヒメエビ Odomtozoma ensifera スベスベオトヒメエビ属
鉄さんのブログに聞きなれないエビの名がが書かれていたので
何気なくリクエストしてみると 「良いですよ」とあっさりと見せてくれた
中ボスぐらいに強そうなこのエビ 動きとかヤバイぐらい格好良かった^m^
2016.01.09 (39)
聞いたことの無いエビだったのだが どうもどこかで見たことがあるような気がして
帰って昔の画像を見直してみると なんと14年前にフィルムで撮影していたのが出てきた
それがこちら▽
スベスベオトヒメエビ.2002.01.19三
なんと14年ぶりの再会だった
2016年01月09日(土)真崎、三保

2016.01.09TX7 (13)
ベニキヌヅツミ Phenacovolva rosea ウミウサギガイ科
三保はまさしくウミウサギの楽園
一箇所に沢山の個体が集っている
ウミウサギだけで一本丸々と言う贅沢プレイも余裕で出来ちゃう^m^
2016年01月09日(土)真崎、三保

昔は沢山いた

2016.01.09 (29)
ヒナコダマウサギ Habuprinovolva aenig ウミウサギ科
そして久々に見たヒナコダマ
昔は安良里のビーチでも普通に見られたものだが
今やホストとなるトサカが激減してして もう5年以上も見ていない
去年はフリソデから始まり甲殻類が熱かったが
やはり三保と言えばウミウサギが楽しい(*^_^*)
2016年01月09日(土)真崎、三保

2016.01.09 (23)
ビードロマメヒガイ Phenacovolva vitrea ウミウサギ科
さてようやく水中であるが 今回一番のターゲットはこのウミウサギ
前回の画像データを見たら2006年と有り 実に10年ぶりの邂逅だった
ウミウサギと言っても この独特のフォルムは他の仔とはちょっと違う
自分にとっては特別な種類だ
あまり画像露出すると乱獲される危険もあるのだが
せっかくのこの美しさ やはり出さずにはいられない(p_-)
2016年01月09日(土)真崎、三保

迷い鳥

我々が潜る真崎海岸には年末から 何やら長いレンズをもった人たちがウロウロしているそうな
一本目を終えて駐車場で休憩しているときにも
超長いレンズをつけたカメラを2本も担いだおじさんが話しかけてきた
話を聞くとこれらの長レンズ集団はみなバードウオッチャーとのことで
狙いはシマアカモズと言う小型の猛禽とのこと
本来ならこんなところにいるはずの無い迷い鳥なのだど幾分興奮気味に教えて頂いたが
鉄さんと二人でへー(゜_゜)な顔で聞いていた 話を終えたおじさんが いざ捜索と浜辺に向かうと
その直後に「いたいた」と声が上がった
これがそのシマアカモズ 珍しいという割には柵の向こうに無造作に止まっていた
猛禽と言うことだったが ぱっと見では小太りのスズメにしか見えない
無駄だと思ったがハウジングに入れたままの105mmマクロで 一応証拠写真
スズメにしか見えないって?ネットで自分で検索して下さい(ー_ー)!!
2016.01.09 (56)

2016年01月09日(土)真崎、三保

新メニュー

初潜りの後は お楽しみの松庵へ
何気に4ヶ月ぶりの三保だったので 松庵に新メニューが出来ていた
一つは「ステーキ重」 もう一つがこの「戻り白子の掻き揚げ」だった
2016.01.09TX7 (58)
三保と言えば「桜海老の掻き揚げ」だが このシラスの掻き揚げも中々イケた

2016.01.09TX7 (60)
もちろん桜海老も食べたけど^m^
2016年01月09日(土)松庵、三保

初潜り

2016.01.09TX7 (5)
今年の初潜りは三保ヽ(^o^)丿
青い空 穏やかな海 そして富士山(雪少なっ)
新年一発目の極楽な週末(*^_^*)
2016年01月09日(土)真崎、三保

ネタ切れ

2015.12.30 (16)
キンギョハナダイ Pseudanthias squamipinnis ハナダイ科
はい 唯のキンギョハナダイですが何か?
ネタ切れ?
その通りですが何か?(p_-)
2015年12月30日(水)黄金崎ビーチ、安良里

探し物

ここ数年ずっと探しているモノがいる
今年の潮具合ならもしかして...と思っていたが
やはり早々うまい話は無い
今シーズンも空振りに終わったので 取りあえずそこにいたエビだけ
アカスジカクレエビ
アカスジカクレエビ Periclimenes psamathe カクレエビ亜科

2015年12月30日(水)黄金崎ビーチ、安良里

この時期にまだ

2015.12.30 (37)
アオハナテンジクダイ(幼魚) Apogon apogonides テンジクダイ科
年の終わりのこの時期に こんなに小さいアオハナが流れて来ていた
水温がまだ18℃もあるから しばらくは頑張れるだろう
2015年12月30日(水)黄金崎ビーチ、安良里