秋の虫

ベランダで秋の虫が鳴いている
マツムシでもスズムシでも無い 何の虫だろうか?
風流と言うよりも ちょっとうるさい...

(ボリューム上げて聞いて下さい)
2015年08月31日(月)自宅ベランダ

ちびちび

2015.08.29 (81)
ハクセンスズメダイ Plectroglyphidodon leucozonus スズメダイ科
こちらは定番の流され物のハクセンスズメ
いつもちょろちょろとすばしこく動き回るが
この仔はこれまで見た中で一番小さい個体だった
はいっ ピンボケですが何か?(p_-)
2015年08月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

スズメダイ

2015.08.29 (70)
ヒレグロスズメダイ(幼魚) Chromis atripes スズメダイ科
さてさて今年も南方種の季節が始まった
一番のお目当てには振られてしまったが 2番目の仔には無事会う事ができた
2cmぐらいのおチビさんで 今まで見た中で一番小さかった
果たして今年はどんな仔たちに出会うことができるかな
2015年08月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

ホーム

DSC08325.jpg
約二ヶ月の地方巡礼を終え 久しぶりに安良里に戻ってきた
窓全開で船原峠のドライブを楽しんで 久々にスタッフの顔を見ると
やっぱりホームは良いねと感じる
夏はどうやら しゃらっと終わりを告げたようだが
我々ダイバーにとっての熱い季節は これから始まる
さてさて 今年はどんな生物たちに出会えるのだろうか(^_^)

2015年08月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

【函館食録4-カレー】

2015.08.13TX-7 (34)
ガゴメ入りスープカレー
別にガゴメが入っていなくても...
普通に美味しかったけどね
そして今まで記憶の中でNo1だった「五島軒」のカレー
2015.08.14TG-3 (9)
あれれ?こんな味だったっけ(@_@)
2015年08月12-14日函館

【函館食録3-丼】

2015.08.15TX-7 (44)
うに丼
2015.08.14TG-3 (21)
うにイクラ丼
2015.08.12TX-7 (14)
イクラ丼
2015年08月12-14日函館

【函館食録2-ラーメン】

北海道函館と言えば塩ラーメンが定番だが
実は裏定番として「カレーラーメン」が存在する
知る人は知る「ぱんだや」
2015.08.13TX-7 (41)
もう何年も前に初めて食べたカレーラーメン
2015.08.13TX-7 (44)
ちゃんとまだあって良かった
そして函館空港でもカレーバターラーメンを食べたった^m^
2015.08.15TX-7 (63)

2015年08月12-14日函館

函館食録1 焼き物

さすがに2週間では全部は紹介できなかったので
食方面は駆け足で
2015.08.15TX-7 (26)
まずは朝市で定番のホタテ焼きとホッキ貝を焼いてもらう
2015.08.15TX-7 (28)
さすがに前の晩に食べた居酒屋よりは美味しかったが
お値段は倍以上だった(=_=)
2015年08月12-14日函館

よく見ると可愛い

2015.08.13 (61)
サイトクビレBothragonus occidentalis トクビレ科
幼魚は真っ黒で見る人によっては棒切れにしか思われないサイトクビレ
成魚は頭部が白くなり つぶらな瞳がとてもキュート
幼魚よりも成魚のが可愛いというレアケース
幼魚はこちら▼
サイトクビレ(幼魚)2015.08.12.28函館

2015年08月13日(木)臼尻、函館

シマシマエビ

2015.08.12 (43)
カラフトシマモエビ Lebbeus speciosus モエビ科
地味な色合いの多い北の甲殻類の中で
断突にビビッドなのがこのカラフトシマモエビ
イトマキヒトデの上に乗ると保護色?
2015年08月12日(水)臼尻、函館

2015.08.13 (21)
ヤセカジカ(幼魚) Radulinopsis derjavini カジカ科
北の海には××カジカと名のつく魚が沢山いる
もちろん自分では全然分からないが
教えてもらう魚にカジカの種類が多いので
上がった後で どれがどれだか分からなくなる(@_@)
写真はヤセカジカの幼魚
2015年08月13日(木)臼尻、函館

2015.08.13 (3)
ツマベニホンヤドカリ(若い個体) Pagurus brachiomastus ホンヤドカリ科
脚部のツートンのカラーリングが水中でも眼を惹くこのヤドカリ
ちなみに成長してしまうと全然目を引かない(p_-)
2015年08月13日(木)臼尻、函館

何の卵でしょうかっ(ー_ー)!!

2015.08.14TG-3 (67)
さて 画像は何かの卵です
何の卵でしょうか(ー_ー)!!

正解はこの仔でした
2015.08.14TG-3 (60)
ジュズヒゲアナエビ Clocarides soyol アナエビ科
上の画像はこの仔のお腹のアップ

一時期安良里でも話題になっていたこのエビ
どうやら北の仔らしく こちらでは若い個体から抱卵個体まで見ることができた
2015.08.14 (22)
若い個体
2015年08月14日(金)臼尻、函館

誰も注目しないが激レア

2015.08.14TG-3 (82)
多分伊豆にいたら誰も注目しないであろう地味仔だが
実は殆どの人が聞いたことのないであろう激レア種
当然私も見たこともないも無ければ 名前も聞いたことが無かった
ここ北の海にはまだまだこんな魚が沢山いると言う
うーん 通わなければ(゜-゜)?
ニラミサラサガジ(幼魚) Davidijordania brachyrhyncha ゲンゲ科
2015年08月14日(金)臼尻、函館

不思議なライト

2015.08.14 (18)
カギノテクラゲ Gonionema vertens ハナガサクラゲ科
ポイントへキャリング中 中層に浮かぶカギノテクラゲを長明さんが照らしてくれる
不思議ライトなのか 照らされたクラゲが蛍光色に浮かび上がり
宇宙っぽい一枚になった
2015年08月12日(水)臼尻、函館

お花畑

2015.08.14 (16)
さてこのお花畑のような画像はある生物の一部です

その正体は...2015.08.14TG-3 (33)
フサトゲニチリンヒトデ Crossaster papposus ニチリンヒトデ科
うーん(p_-)
2015年08月12日(水)臼尻、函館

ヒトデだらけ

北の海にはヒトデが一杯
そこいら中にいて 特に珍しい光景ではないのかも知れないが
伊豆ダイバーには目新しい光景
2015.08.12TG-3 (7)
マヒトデ Asteras amurensis マヒトデ科
ぐっちゃりいて 駄目な人にはダメかも知れないけど
一つ一つ見て行くと それだけでタンク一本使っても足りない
2015.08.13TG-3 (8)
ニシキキタヒトデ Evasterias retifera マヒトデ科
2015.08.14TG-3 (14)
イトマキヒトデ Asterina pectinifera イトマキヒトデ科
2015.08.14TG-3 (2)
マヒトデ Asteras amurensis マヒトデ科
2015.08.14TG-3 (31)
エゾヒトデ Aphelasterias japonica マヒトデ科
2015.08.14TG-3 (46)
ニッポンヒトデ Distrlasterias nipon マヒトデ科
2015年08月12日(水)臼尻、函館

一転して普通種

2015.08.13 (48)
キツネメバル(幼魚) Sebastes vulpes フサカサゴ科
こちらは一転して普通種のキツネメバルの幼魚
志津川時代も見せてもらっていたのだが 今回初めてちゃんとした写真が撮れた
特に珍しくもないのだが カラーリングがツボで とても好きな魚なのだ(ー_ー)!!
2015年08月13日(木)臼尻、函館

こちらも激レア

昨日のメダマウオに続き こちらも激レア(@_@)
というかこちらの魚は名前すら聴いた事が無かった...(^^ゞ
2015.08.13 (39)
トンガリギンポ Lumpenopsis pavlenkoi タウエガジ科
地味なギンポの仲間では 珍しいほどカラフルで
とがった鼻面がまるでトカゲのように可愛い(*^_^*)
2015.08.13 (35)
小さいので105mmで丁度良い大きさだった
2015年08月13日(木)臼尻、函館

今回の目玉

2015.08.14TG-3 (56)
ソコメダマウオ Bathymaster signatus メダマウオ科
今回の目玉 超レアものメダマウオ!!
無理言って見せてもらいました!(^^)!
知らない人にはどーでも良い地味仔かも知れないが
個人的には超嬉しかった(*^_^*)
2015年08月14日(金)臼尻、函館

ホタテだらけ

2015.08.12 (12)
ホタテガイ Mizuhopecten yessoensis イタヤガイ科
北の海はこの時期ホタテの稚貝で一杯
2015.08.12 (10)
ヒトデに迫られてパホパホ逃げる姿は何とも可愛らしい
ガイド様は芸術的に撮れと言うが これが中々難しいのだ...
2015.08.12 (8)

2015年08月12日(水)臼尻、函館

渋ゾーンの前に

2015.08.14 (4)
ダンゴウオ Lethotremus awae ダンゴウオ科
渋いゾーンに突入する前に 最大の人気者を忘れていた
この仔の存在を忘れちゃいけなかった(ー_ー)!!
2015年08月12日(水)臼尻、函館

除々に渋く

2015.08.12 (7)
ガジ Opisthocentrus ocellatus タウエガジ科
北の海では普通に沢山見られるこの魚だが
にょろにょろ好きにはどうにも堪らない
現地ではほとんど注目されることは無い様だが
目の端をちょろちょろされると気になってしょうがない
そこいら中にいるので背景もバリエーションに富み楽しい
ちなみにこの背景はマヒトデの絨毯(ー_ー)!!
2015年08月12日(水)臼尻、函館

定番の人気者3

こちらも北の海では外せない定番の人気者
2015.08.13TG-3 (5)
ウミクワガタ Gnathiidae sp. ウミクワガタ科
昆虫のクワガタのように大きなアゴが有って格好良い(*^_^*)
昆虫大好き男の子なら 問答無用で好きなはず
でもその正体は...
知らぬが仏 言わぬが花 (p_-)
2015年08月13日(木)臼尻、函館

定番の人気者2

2015.08.12TG-3 (22)
クサウオの一種(幼魚) Liparis sp. クサウオ科
こちらも定番の人気者 クサウオsp.の幼魚
安良里では仲間のビクニンは昆布の根元にしか付かず
同じような背景で同じような写真にしか成らないのだが
北の海では背景が千差万別 センスの勝負になるのだが
それはそれで頭が痛いものなのである(p_-)
2015.08.12 (14)

2015年08月12日(水)臼尻、函館

北の魚

さてさて 盛り沢山だった海の中をとっとと紹介していかないと(@_@)
こちらの海では定番でも 私にとっては見たことのない魚ばかり
まずは定番でも人気どころの この魚から
2015.08.12TG-3 (34)
アツモリウオ(幼魚) Hypsagonus proboscidalis トクビレ科
源平合戦で有名なモノノフ 平敦盛の名前を付けられたこの魚
成魚になってしまうとちょっと残念な色合いになってしまうが
幼魚の頃は白や黒の単色が多く とっても可愛いのだ
2015.08.13 (43)

2015年08月12日(水)臼尻、函館

という訳で

というわけでGrunt Sculpin(ー_ー)!!
P8120014.jpg
正直海辺で着替えて潜って休憩して潜って帰るというイメージで行ったので
現地についてゴージャスなクラブハウスが有ってびっくり(゜o゜)
P8120021.jpg
ウェットスーツで大丈夫なウェットスペース
P8120018.jpg
ゲスト一人一人のカメラスペース
長明さんのダイバーに対する気遣いと センスが光るお洒落な素敵な空間で
休憩中はつい まったりしてしまうほど快適なクラブハウスだった!(^^)!

2015年08月12日臼尻、函館

夏休みアゲイン

P8120004.jpg
今日から夏休み
って又かよって言われそうですが何か(ー_ー)
初めての函館は 雨予報を覆してご覧の夏空!

2015年08月12日臼尻、函館

証拠写真

2015.07.25 (18)
ヒレナガハゼ Vanderhorstia macropteryx ハゼ科
最近はあまり真面目に撮っていないが
言うまでも無く三保は泥ハゼの聖地でもある
中々コンディションが厳しい時も多く 上のようなぼやけた光量不足になりがちだが
見るだけならヒレナガハゼ シゲハゼ ミホノハゴロモハゼ コモチジャコなどなど
20mそこそこの水深でじっくり粘れる
ハゼマニア大興奮間違い無し^m^
2015年07月25日(土)真崎、三保

2015.07.25 (86)
テンロクケボリガイ Pseudosimnia punctata ウミウサギガイ科
最初は別々のところにいたのだが
一匹を撮っている内にもう一匹が近寄ってきて
しばらく と言うかずっとレンズの前で愛し合っていましたとさ (p_-)
2015年07月25日(土)真崎、三保