なんで名前を?

口の中がこってりだったの 近くのスタバでさっぱりさせようと思い
季節のフローズンを頼んだら なぜか名前を尋ねられた
怪しげに見えたのかしらと訝っていたら
DSC07869.jpg
こんなサービスだった(゜o゜)
なるほどね
2015年4月29日(水)新宿
スポンサーサイト

新宿でラーメン

どーせ高速は渋滞しているんだろうから 今日はA氏に教えてもらった
新宿のラーメン屋 【スズキヤスオ】に行ってきた
DSC07859.jpg
行列必死と書かれていたので覚悟して行ったが 祭日だからか並ばずに入れた
お勧めは「ラうどん」という太麺だったのだか 細麺好きの私は迷わず「ラそば」を注文
うどん・そばとあるがどちらも麺はラーメン しかもかなり固め しっかり噛まないと飲み下せない
スープは少し甘めの濃い醤油でにんにくと生姜が刻み入れられている
二郎のスープをジロリアン臭を抜いて洗練した感じか
久々にパンチのあるラーメンを食べ満足度高し(ー_ー)!!
ただし店内はカウンターのみでかなり狭い 隣の客と接触必死なので
対人恐怖症の方にはお勧めしない(p_-)
DSC07856.jpg

2015年4月29日(水)新宿

2軒目

せっかく高田馬場に来たので当然2軒目
一軒目がこってり魚介だったので 二軒目はさっぱり塩を選ぶ
あっさりしているが深い味わいと口コミがあった【鷹流】に入る
DSC07817.jpg
深い味わいとコクとあったが 確かに複雑な味わいは感じたが中毒性にかけるか
DSC07819.jpg
それに店内やカウンターに色々と突っ込みどころが多すぎで 今一つ味に集中できなかった
気になる人は行って見て
DSC07821.jpg
2015年4月18日(土)高田馬場、白鶏麺 鷹流

渡なべ

夜中に高田馬場のラーメン特集をやっていた
とても美味そうだったので食べに行った
DSC07812.jpg
土曜の昼時 オープンして直ぐに入ったので並ばずに入れた
つけ麺が売りのようだが つけ麺はラーメンではないと思っている自分は迷わず中華そばを注文
とろとろの濃厚魚介醤油で 味に深みがある 麺は細いストレートの麺
最近近くに魚介系が無いので久々の魚の味わいを堪能した

ただメンマは大き過ぎて噛み切れない
しかも何枚も入っていて正直邪魔だった
DSC07813.jpg
店構えは地味で 知らなければたどりつけなそうだったが
最近はスマホがあればどこへでも行ける事に驚かされた(゜o゜)
DSC07815.jpg
2015年4月18日(土)高田の馬場 渡なべ

ミズウオ

2015.04.12TX (13)
ミズウオ Alepisaurus ferox ミズウオ科
さて帰ろうかと 身支度を整えていたところ
ビーチの方から「ミズウオっ」と声が上がった
タケさんから浅場でうろうろしていたと聴いていたので
すかさずデジカメを片手にエントリースロープに飛んでった
すると波打ち際に1mオーバーのミズウオが腹を上に 弱って打ち上げられていた
何とかまだ生きていたが 岩の間に頭を突っ込んで戻れなくなっていた
(取り合えず写真を撮らせてもらった後)深いほうに放してやったが
多分この状態になったらもう...
タケさんの撮った動画がタツミの4/12日のブログに貼り付けてあるので
こちらも見てね~
http://www.arari.co.jp/konsyu.html
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

なぜかずっといる

2015.04.12 (29)
イヤゴハタ(幼魚) Epinephelus poecilonotus ハタ科
流れ者が壊滅状態だった去年から
引き続きずっと見られているイヤゴハタの幼魚
冬を越したのか? でも少しも大きくならない
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

Tじーさんでは撮れない?もの

2015.04.12 (23)
こう言う背景をボカすのはデジカメでは撮れない被写体
いや ひょっとするとじーさんでも撮れるのだろうか?
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

2015.04.12 (16)
こちらも同じようについつい撮ってしまうワレカラ
見る人が見れば分かるでしょうが フォトショで色彩補正かけてます
普段は自動補正とかしないのだが 面白い色になったので
そのまま乗せてみた^m^
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

ついつい撮ってしまう

2015.04.12 (7)
クロヘリアメフラシ Aplysia parvula アメフラシ科
何度も何度も同じような写真しか撮れないのだが
見かける度についついレンズを向けてしまう
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

薄味?

2015.04.12 (13)
ニシキハゼ Pterogobius virgo ハゼ科
なんとなく色味の薄いニシキハゼの若魚
最近はビビッドな三保の生物たちを見慣れたせいか
あっさり塩味な感じも どことなく新鮮(・o・)
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

こんなのも撮れる3

2015.04.12TG (28)
ホソフサコケムシ Tricellaria occidentalis コケムシ科
ギンポの壁に見たことの無いコケムシが付いていた(゜o゜)
調べてみたらホソフサコケムシと言うコケムシで
残念なことに汚損性苔虫などと不名誉な名前で呼ばれていた
2015.04.12TG (32)
良く見ると綺麗な生き物なのに
人間の都合で汚損性だなんて...
ちなみにこれもTじーさんで撮影(^_^)v
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

こんなのも撮れる2

2015.04.12TG (51)
ヒトエカンザシ Serpula jukesii Baird カンザシゴカイ科
これも一眼レフだとピントがシビアになる被写体
楽ちんにこんなにピントが深い写真が撮れた(゜o゜)
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

こんなのも撮れる

2015.04.12TG (41)
スミゾメミノウミウシの産卵
これも一眼レフだと中々に厳しい被写体
主にピントが深く撮れないのが原因だが デジカメだと被写界深度とか関係無い
ライティングに要修練だが 今のまま適当でもそこそこ撮れてしまう
まさに恐るべし技術の進歩なり(p_-)
えっ どこのじじぃだって?
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

驚愕(゚Д゚)

今週は仲間のTG-3を借り出して浅場で試してみた
何が驚愕なのかと言うと こんな写真が簡単に撮れる事だ
最近のデジカメユーザーにしてみれば 何のこっちゃ分からんと思うが
2015.04.12TG (6)
分かる人には分かってもらえると思うが 一眼で水面下でこの写真を撮るのは辛いのだ(=_=)
今までの苦労は何だったのだと 思わず過去のボケボケ写真を全部削除した
これはこの夏の浅場遊びが非常に楽しみになってきた^m^

2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

久々の安良里

2015.04.12TX (5)
凄く久しぶりの安良里になってしまったが 今日もご覧の凪いだ海
途中越えてきた船原の 新緑の樹木が 眼に眩かった(^_^)
2015年4月12日(日)黄金崎ビーチ、安良里

やっぱりウミウサギも外せない

2015.03.28 (114)
ベニキヌヅツミ Phenacovolva rosea ウミウサギガイ科
やはり三保に来てウミウサギは外せない
バックの色のせいなのか 三保のウサギはみんな鮮やかさが際立っている
2015年3月28日(土)真崎、三保

小さな世界

2015.03.28 (35)
ウミソウメン(アメフラシの卵塊)とワレカラ
小さな小さな空間の中に 世界が詰まっている
世界を創造(想像)するのは 見る人自身だ
2015年3月28日(土)真崎、三保

楽園

ツツムシ
ツツムシ(カマキリヨコエビ科の一種) Ischyroceridae sp.
まだまだ紹介したいものが沢山ある前回の三保だったが
間もなくまた週末がやってくる
どれを出そうか迷うところだが これはどうしても出しておかねば
昨日の分かりやすいエビとは違って
もう分かる人だけ分かれば良い ツツムシの群生
普通の人には何だか分からないだろうが この場所はツツムシたちの楽園なのだ
2015年3月28日(土)真崎、三保

全部分かるかな?

2015.03.28 (59)
ナガレモエビ Hippolyte sp ナガレモエビ属
この絵の中に4匹のナガレモエビがいます
全部分かるかな?
2015年3月28日(土)真崎、三保

妖しい何か

2015.03.28 (28)
ウナギギンポ Xiphasia setifer イソギンポ科
海底から にょきっと怪しいものが生えている
思えば初めてこの魚を見たのも三保だった
名前の通り 砂の中にはウナギのように細長い体が隠れている
初遭遇は全身を晒してにょろにょろ泳いでいたっけ
アレは衝撃的だった(p_-)
2015年3月28日(土)真崎、三保

普通の魚

2015.03.28 (102)
コクチフサカサゴ Scorpaena miostoma フサカサゴ科
地味な印象の三保の海底だが ライトを当てればこんなカラフルな魚もいる
魚よりも底の泥質や後ろのヤギが気になる方は立派なMと言うことで^m^
2015年3月28日(土)真崎、三保

ちょっと息抜き

P3220086.jpg
江ノ島のカレーラーメン
スープカレーのようだが こう見えてもラーメン
スパイシー過ぎず 良い意味でマイルド でもしっかりコクも有る
江ノ島に行ったらつい食べたくなる一杯

そしてラーメンの後は 本命のシラス丼
店内が暗かったのでコントラストの無い画像になってしまい
あまり美味しくなさそう...
P3220104.jpg
しかし江ノ島は 今の中華街の生煎包のように
どこもかしこも【シラス丼】ののぼりや張り紙だらけだった(p_-)

小さな世界

2015.03.28 (51)
ゴカイの卵を食べるシラゲガイ?
その下にははワレカラ 左にはスピオゴカイ
ほんの数10cmの小さな範囲の中に ぎっしりと世界が詰まっている
2015年3月28日(土)真崎、三保

薄味

2015.03.28 (109)
生物の色味が濃い三保なのだが
このトサカに付いていたケボリはのっぺりとしてどことなく薄味だった
貝殻自体にも模様が見当たらなかったが
セロガタケボリなのだろうか?(@_@)
2015年3月28日(土)真崎、三保

ゴカイのモニュメント

2015.03.28 (13)
三保ではゴカイが作るモニュメントもアーティスティック
スピオゴカイの棲管にスミスシラゲガイが卵を産み
その卵目当てにツツムシが集り
こんなモニュメントが出来上がる
海の中の小さな閉じた世界
2015年3月28日(土)真崎、三保

ヤバイの来た(゚Д゚)

2015.03.28 (133)
浅場に戻って来た時の事 延びのびで宿題になっていたカマキリを撮るべく
砂利に手を差し込んでいたら こんな仔が飛び出してきた(゜o゜)
最初は気づかずにカマキリだと思って撮っていたら
ん?(p_-) ちょっと違う?
おおっ(゚Д゚) なんかヤバイの来ちゃった?!
と ふがふがしながら激写していたが
あれれ ちょっと待てよ?
何か以前にもここで同じ感じをおじ割ったことあるぞ と激しいデジャヴに襲われた
しばらく見ていると... なんだお前かよっ (p_-)
途端に力が抜けて その後掘り出した本物は
もう気力が無く ご覧のボケボケ写真しか撮れなかった
2015.03.28 (137)
カマキリ(幼魚) Cottus kazika カジカ科
2015年3月28日(土)真崎、三保
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。