鉄マジック

「そう言えばサビハゼのハッチ見ます?」
それは休憩時間の 鉄さんのこんな一言から始まった
はい?見ますってどゆこと?と頭の中を?で満たしつつ
とりあえず 「はい」 と答えて2本目に臨んだ
先々週にかなり育った卵塊があったのでそろそろハッチするのだろう

エントリーして底に降り 3枚ある産卵板を順に覗いて行く鉄さん
3枚目でスレートに「ここでやります」と文字を書き
板に支えをはめて隙間を作り ライティングをほどこして
「はい どうぞ」と場所を譲ってくれた
板の裏の卵塊は 想像通り もう稚魚と呼んでも差し支えないほど成長していた
2015.03.28 (62)
サビハゼ Sagamia geneionema ハゼ科
まあ先週のイカの仔のように 上手くいけば数匹ハッチする瞬間が撮れるかと
そんな風に考えてシャッタを切っていると
果たして ファインダーの隅でハッチした稚魚がちょろりと動くのが見えた
2015.03.28 (64)
おおっ と興奮しながらシャッター連射
なんとか撮れたかなとモニターを確認した瞬間
それは始まった
2015.03.28 (82)
ぶわっと言う音が聞こえそうなぐらい一斉にハッチが始まり
ほとんどの稚魚がハッチを終えた
とても長い時間に感じたが 実際はほんの数分の出来事だった
2015.03.28 (87)
冒頭の鉄さんの「サビハゼのハッチ見ます」と言う言葉が脳裏を過ぎった
鉄さんはこれを意図して見せてくれたのだ理解して鳥肌が立った
このサビハゼの一斉ハッチの瞬間にも感動したが
それよりもプロのガイドを見せられたことに 同じぐらい興奮して感動した
まさに鉄マジック(゜o゜)
ハッチの仕組みは理論的に知っているのでタネは分かる
だが海底の状況や潮目などを全て把握し 完璧なタイミングでゲストに見せることができる
鉄さんのプロのガイド力に改めて惚れ直した一本だった

2015年3月28日(土)真崎、三保
スポンサーサイト

時代に逆行

DSC07829.jpg
さて 新しいストロボをまだ手配していなかったので
今回はフィルム時代の相棒 【赤くて重いヤツ】を引っ張り出して来た
時代は軽量コンパクト化に邁進中だが 久しぶりにアナログ感を思い出した
リチャージの時間とか忘れていて 黒いコマがかなり入っていた(^^ゞ

2015年3月28日(土)真崎、三保

春到来

2015.03.28T (6)
陸上はすっかり春めいてぽかぽか陽気
きりりと冷えた空気と引き換えにくっきり見えていた富士山は
ぼうっと霞んでしまっているが
それでもやはり暖かいのは有り難い(*^_^*)

2015年3月28日(土)真崎、三保

お亡くなり~

2015.03.14T (13)
10年近く一緒に潜ってきた水中ストロボZ220がとうとうお亡くなりに(>_<)
ぼぅっとしていたのか ENするまでこの状態だったことに気が付かなかった
潜り初めて水深5mぐらいでこの状態に気づき
もう今更だと思ってそのまま潜り続けたら なんとか一本分だけ発光してくれた
安全停止もそこそこに慎重にエグジットしたのだが
海から出た瞬間に逝ってしまった...
完全に自分のチェックミスなので 海に入る前に気づいていればと とても悔やまれた
長い間有難う お疲れ様でした(T_T)
2015年3月14日(土)真崎、三保

多分これじゃない...

2015.03.14 (18)
さて いま流行のフローを体験させてもらったのだが
どうもあまり興味が無かったようで
多分こうでは無い(p_-) 写真しか撮れなかった
せっかく色々ライティングしてくれた鉄さん
どうもすみませんでした(^^ゞ

2015年3月14日(土)真崎、三保

膨らむウミウシ

2015.03.14 (35)
フウセンウミウシ Notarchus indicus アメフラシ科
その名のとおり膨らむウミウシ
でもウミウシといってもアメフラシ
ちょっとややこしい?
安良里でもタケさんが好きだとファンを自認する可愛いやつ
でも膨らんでいないとやっぱり只のアメフラシ?
2015.03.14 (50)
2015年3月14日(土)真崎、三保

誰も注目しない仔

2015.03.14 (67)
トゲモミジヒトデヤドリニナ Vitreobalcis astropectenicola ハナゴウナ科
ヒトデに乗った小石と同じぐらい
誰も注目しない生物だけど
少なくてもここに二人にんまりしているダイバーがいる^m^
2015年3月14日(土)真崎、三保

ハルキゲニア

2015.03.14 (52)
ウミケムシ Chloeia flava ウロコムシ科
三保のウミケムシは安良里のに比べると倍ほども大きい
底質の問題なのかか 色も濃くてビビッドだ
ぬらぬらと這う姿を見ていると
バージェス紀のハルキゲニアなどは
きっとこんな姿をしていたのだろうかと
太古の生物たちに思いを馳せてみたり

2015年3月14日(土)真崎、三保



2015.03.14 (53)
おおっ(@_@)
なんかヤバそうな魚がいるっっっっ(上)
なんだ?なんだ?と息を潜めて窺っていたが
一向に顔を出してくれない
鉄さんが見に来てくれたので「ふごふご」
(注)なんですか?これ と尋ねると
スレートには「ブラウンミミック」の文字が...
魚じゃなくてタコじゃん(゜o゜) (下)
ちゃんちゃん^m^
一緒に写っていたスピオゴカイも気になるところだった
2015.03.14 (54)
2015年3月14日(土)真崎、三保

超美麗なイソギンチャク

2015.03.14 (15)カザリイソギンチャク Alicia pretiosa カザリイソギンチャク科
今回一番残念だったのがこのカザリイソギンチャク
正直なところ見せてもらったときは知識が無く
「はあ?(゜o゜)」な感じだったが
帰って調べてみると超美麗なイソギンチャクだった
画像は縮んでいるところだが 触手が伸びたところを
是非見てみたい
えっ?全然伝わらないって?
触手が伸びた超美麗な画像はネットで見て下さい(ー_ー)!!
2015年3月14日(土)真崎、三保

【宇宙】

2015.03.14 (24)
たまたま撮れたので
ピン甘とか細かいところは目を瞑って
優しい心で見て下さい(p_-)
2015.03.14 (27)
ハッチを待つ他の稚魚たち
2015.03.14T (11)
タイヤに産み付けられている卵塊
2015年3月14日(土)真崎、三保

2015.03.14 (62)
ムラサキウミヘビ Brachysomophis porphyreus ウミヘビ科
このムラサキウミヘビ 国内で見られるウミヘビの中では
モヨウタツウミヘビと並び断トツに格好良い
ダイナンやホタテウミヘビのように穴からこっそり顔を出すタイプではなく
むしろメガネウオのように砂に埋もっている
ごつい顔に相応しく 手で軽く砂を払っても微動だにしない
そんな堂々としているムラサキウミヘビが好きだ
2015年3月14日(土)真崎、三保

少しずつ春の気配

2015.03.14T (14)
久しぶりに富士山の見えない三保
空気の綺麗な寒い日は富士山を見ながらの乙なダイビングが三保の醍醐味なのだが
少しずつ春が近づいてきていると思えばこれもまた一興か

そしてお約束の松庵では 新メニュー「チャーシュー丼」
(復活メニューだそうだが食べるのは初めて)
単純にマヨネーズがかなりの破壊力っっ!(>_<)
かなりこってりなので さっぱり系蕎麦との組み合わせが
人によって好みが分かれるところだろうが
私は次も食べる 絶対(ー_ー)!!
2015.03.14T (33)

2015年3月14日(土)真崎、三保
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。