顔色が...

2015.02.07 (64)
サツマカサゴ Scorpaenopsis neglecta カサゴ科
随分と顔色が悪いサツマカザゴ?
あまりにも紫色だったので つい心配で写真撮ってしまった
2015年2月7日(土)黄金崎ビーチ、安良里

アカネケボリ

2015.02.07 (30)
アカネケボリ Crenavolva aureola ウミウサギ科
顔も全然映っていないけど殻の形が良く分かるカット
でも名前の割にはあまり細くないんだよな~
2015年2月7日(土)黄金崎ビーチ、安良里

浅場はウミウシだらけ

2015.02.07 (53)
シロハナガサウミウシ Tritoniopsis elegans ホクヨウウミウシ科
そして海の中はウミウシだらけ
浅場にはオレンジ色のウミウシが一つの岩にびっしりついていたり
この岩にはシロハナガサウミウシだけがびっしりついていた
食べ物によるのだろうけど これだけきっちり住み分けができていることの不思議(p_-)
2015.02.07 (59)


2015年2月7日(土)黄金崎ビーチ、安良里

サンゴガニ団地のその後

2015.02.07 (39)
一時期はナカザワイソバナガニに占拠されつつあったサンゴガニ団地
その後どうなったかと言えば 結局サンゴガニが元の平和を取り戻した様子
あれだけいたナカザワイソバナガニは大型の個体一匹にまで減り
サンゴガニが個体数を回復していた
一体どのような闘争が行なわれたのか 色々と想像して水中でニヤニヤ(^_^)
2015年2月7日(土)黄金崎ビーチ、安良里

かくれんぼ

2015.02.07 (5)
水面に浮かぶ千切れた海藻に
良く見ると何かが隠れている
2015年2月7日(土)黄金崎ビーチ、安良里

ダイバーあるある

シラコダイがイカの仔食べ放題のシーンに遭遇した
2015.02.07 (49)
しかしこんなときに限って動画を撮れる機材を持っていない(ToT)
こういうの良くあるよね~
2015.02.07 (46)
見ている間中ずっと一心不乱にイカの仔をちゅうちゅう吸いまくっていたけど
家内しいことに手持ちは105mmマクロレンズのみ
動画があれば100倍もの情報を記録して伝えられたのに...
特別なシーンに出くわしたときに限って適切な機材を持っていない
あるよね~(ToT)
2015.02.07 (47)
幸運にも捕食者のちゅうちゅぅから免れた小さな生命が
このあと無事に逃げられたかどうかは定かでは無い
2015年2月7日(土)黄金崎ビーチ、安良里

刺激か安らぎか怠惰

ここのところ週末は刺激か安らぎか怠惰か 選択を迫られる
刺激が勝つと三保へ 安らぎが欲しい時は安良里へ
そして寒さに負けるとコタツで丸くなる
昨日の日中 陽射しがポカポカと暖かく
今日は久しぶりに安良里を選択
途中の船原峠にはまだ雪が残っていたが
DSC07761.jpg
海はごらんの通り この時期にしては珍しいベタ凪ぎ
DSC07768.jpg
雲は多いが陽射しが柔らかい朝一の海
水温も1℃上がって15℃に 15℃あれば水中も楽勝
それでも60分を超えて潜っていると流石に指先が冷えてくる
そして寒い冬こそが安良里の真骨頂
海からあったかい湯船に直行
DSC07777.jpg
冬はこの安良里の湯に浸かって波の音を聴きながら
ぼんやりと富士を眺める これがたまらないのだ(^_^)v
2015年2月7日(土)黄金崎ビーチ、安良里

ばんざい~

2015.1.17 (37)
前回の仔マロちやんは石化けに徹してたが
今回はタコらしいポーズで はいっチーズ
一応今回ので三保ネタ終了だが
一日二本のダイビングで 余裕で二週間分のネタが撮れるって
やっぱり三保って凄い(^_^)

2015年1月17日(土)真崎、三保

浅場の定番 その2

Favonigobius gymnauchen2015.1.17 (95)
ヒメハゼ Favonigobius gymnauchen ハゼ科
こちらのハゼも安全停止の定番?
でも水深が浅いのと超地味仔の上に 砂に埋まってるから
ほとんどの人はスルーする?
誰も注目しない仔でした
2015年1月17日(土)真崎、三保

浅場の定番 その1

2015.1.17 (100)
アカオビシマハゼ Tridentiger trigonocephalus ハゼ科
こちらは三保の浅場の定番ハゼ
体色が色々バリエーションに富んでいて
縦じま二本だったり 真っ黒い仔がいたりする
安全停止の良いお供なのである(^_^)
2015年1月17日(土)真崎、三保