Mときどき魚

そんなこんなのどっぷりマニアックなMの世界に浸っていると
ついでとばかりにさりげなく魚も混ぜてくるあたりがニクい演出
2013.05.25 (42)モンガラドオシ Ophichthus erabo ウミヘビ科
メガネウオとかもさらりと登場
2013.05.25 (88)メガネウオ Uranoscopus bicinctus ミシマオコゼ科
2013年05月25日(土)真崎、三保
スポンサーサイト

ホウキムシの一種

2013.05.25 (48)ホウキムシの一種
安良里ではこれの白いタイプが見られるが
オレンジのタイプを見たのは初めて さすが三保は一味違う
2013.05.25 (46)
2013年05月25日(土)真崎、三保

そして妖しい生き物が

2013.05.25 (55)ニセウオノエ科の一種? Argathona. Species
そして次に見せてもらったのがこの仔
最初はフナムシ?と思ったが ファインダーを覗いてムムム(@_@)?
ニセウオノエ科あたりだと思うのだが そこから先がどうしても進まない
一体君は誰なの?
2013.05.25 (57)追記:正体判明  ワラジヘラムシの一種 Synidotea laevidorsalis

2013年05月25日(土)真崎、三保

ナマコに付くカニイソギンチャク

2013.05.25T (4)通常はカニやヤドカリに付くカニイソギンチャクが
アカオニナマコに付いていたが
これって珍しいのか(@_@)?
2013.05.25 (38)カニイソギンチャク Sagartiomorphe carlgreni ナゲナワイソギチャク科

2013年05月25日(土)真崎、三保

そして更なるディープな世界へ

そして二本目はよりディープでマニアックな世界に突入
この名前も分からない小さなカニは
シロガヤの小枝を触覚のように飾り付けている
いつも思うのだがこの手のカモフラージャーの
まるで鏡でも見ているかのような見事な擬態は一体どう言う仕組みなんだろうか
視覚的に確認してる訳ではないのだろうけど
2013.05.25 (33)
【シロガヤを触覚のようにつけるカニ】

2013年05月25日(土)真崎、三保

残念(p_-)

そしてお次はアカニシの卵嚢の下にいるカエルアンコウ
2013.05.25 (20)カエルアンコウ Antennarius striatus カエルアンコウ科
どうしても水の制約で離れた絵が撮れず 泣く泣くこの場を後にした
水がもう少し良ければ ここだけで10分使っても全然良かったのに
返す返す残念(>_<)
2013.05.25 (22)

2013年05月25日(土)真崎、三保

ニラミアマダイ

ニラミアマダイ2013.05.25.12三保
ニラミアマダイ Opistognathus iyonis アゴアマダイ科
ネタが有りすぎて何から行こうか迷うところだが やはり見せてもらった順番どおりに
あの緑の海の中でウミウサギに続けて見せてもらったのがこの仔
三保のジョーの話は鉄さんから聞いていたが 今まで見たことが無かった
しかもそれが【ニラミアマダイ】と聞いたことの無いジョーだったので
テンション上がったのだが 何せあの透明度の中じっとり粘る訳にも行かず
こんな写真しか撮れなかったOrz

2013年05月25日(土)真崎、三保

自分だけのお宝(^_^)

DSC_0004.jpgナミマガシワガイ Anomia chinensis ナミマガシワガイ科
人が見たら単なる汚い貝殻かも知れないが
自分にとっては嬉しいお宝 (^_^)
2013年05月25日(土)真崎、三保

ツリフネキヌヅツミ

2013.05.25 (9)
ツリヌネキヌヅツミ Phenacovolva longirostris ウミウサギガイ科
そして三保に来てこの貝はやはり外せない
こちらもきっちり見せてもらった
いつ見ても美しい貝に 思わずため息(-。-)゜゜゜
2013年05月25日(土)真崎、三保

三保の貝

2013.05.25 (1)イシバシウミウサギ Pseudosimnia ishibashii ウミウサギ科
そして緑の海中からの~
本日のお目当てイシバシウミウサギ
視界がほぼ無い中で 正直もう諦めかけていたのだが
ピンポイントで探し出すガイド力
見せられた貝よりも 見つけ出したテツさんに「おおっ(@_@)」と言ってしまった
思ったよりも大きな貝で イメージと全然違った
2013年05月25日(土)真崎、三保

シビれる海の中

2013.05.25T (1)そしてシビレル海の中
何の画像か分かるだろうか?
久々の三保グリーンに 寝ぼけていた脳細胞がビンビン刺激を受けた
2013.05.25T (2)
2013年05月25日(土)真崎、三保

大人気ない大人食い

三保のもう一つの楽しみは なんたって桜えびのかき揚げ
2013.05.25陸 (14)もうこれは絶対に外せない(ー_ー)!!
しかしせっかく久しぶりに来たのだからと つい調子に乗って大人食い^m^
「あーあー この一調子に乗っちゃってるよ」と
カウンターのお姉さんから冷たい視線を浴びながら
ちょっと大人気ない大人食いをしてしまった(笑)
2013.05.25陸 (11)(左から) 桜海老かき揚げそば 冷やしカレーそば 駿河丼

2013年05月25日(土)三保 鐘庵

今日は三保~ヽ(^o^)丿

2013.05.25陸 (6)かなり久しぶりの三保~ヽ(^o^)丿
残念ながら富士山は煙って見えなかったが 一時雨予報を裏切る快晴!
いやーシビれる海だった
2013年05月25日(土)真崎、三保

最近の普通種

2013.05.18T (44)クロホシフエダイ Lutjanus russellii フエダイ科
以前は間違いなくビーチでは稀種だったのに
最近では幼魚から成魚まで見られ 成魚はさらに群れている
どうしたクロホシフエダイ(p_-)

2013年05月18日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

イダテンカジカ

2013.05.18 (2)
イダテンカジカ Ocynectes maschalis カジカ科
今 浅場の岩場で一番優勢なこの魚
ものすごい数がいて カラーバリエションも豊富
2013.05.18 (4)おまけにじっとしていてくるので被写体には最適

なのだが

なぜだか全く撮る気にならない(p_-)
地味仔だからか
2013年05月18日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

どぎつい魚

2013.05.18T (49)オハグロベラ Pteragogus aurigarius ベラ科
この魚を見るたびに どぎついという単語が頭に浮かぶ
何でこんな強烈な色合いなんだろうか(p_-)
2013年05月18日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

アヤメケボリ

2013.05.18 (13)アヤメケボリ Primovula trailli ウミウサギガイ科
去年はウミウサギが多い年だったが 今年はまだ全然目に付かない
今週は久々にお散歩中のアヤメケボリを見つけた
このように動いていてくれると結構見つけ易いのだが
2013年05月18日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

ここだけ南国

2013.05.18 (17)
サンゴガニ Trapezia cymodoce サンゴガニ科
最初にこのナンヨウキサンゴを見つけたのは2005年か06年だったか
それ以来毎年この仔達を観察している
冬場には見られなくなったりするので ここで繁殖しているわけではないのに
毎年きちんと流れ着くのは とても不思議

2013年05月18日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

2ケ月ぶりの再会?

2013.05.18 (23)スミレナガハナダイ(雌相) Pseudanthias pleurotaenia ハタ科
個人的には2ヶ月ぶりの再会
水中でみると黄色味が強く 一回り小さくなったように感じたが
いつも一緒にいたサクラダイの仔もいたし 同一個体と考える方が自然だろう
水温が上がってコンディションが良くなったのかも
しかし以前と全く同じ場所にいたのだが 2ヶ月間も全然会えなかったのはなぜ?

2013年05月18日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

Sunny day

2013.05.18T (53)空は晴れて 海は静か
絶好のダイビング日和だった
帰りの船原峠の山の中 ドライブの気持ち良かったこと(^_^)

2013年05月18日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

原点回帰?

2013.04.28 (50)カエルアンコウ Antennarius striatus カエルアンコウ科
黄金崎ビーチがオープンしたての頃 四連ケーソンを繋ぐロープは宝の山だった
エビカニを初め タツノオトシゴが何匹も付いていたり
ひょいと持ち上げてちょっと振れば カエルアンコウのチビが転がり落ちてきたものだった
しばらくこのカエルのチビは見られていなかったが
今年に入ってまた何匹ものカエル仔が見られ始めた
このサイズのカエルの仔を見たのは自分的には10数年振りだった

2013年04月28日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

繁殖の季節

2013.04.28 (25)ヘビギンポの産卵 Enneapterygius etheostoma ヘビギンポ科
春の海は恋の季節 海中はそこいら中で繁殖行動が盛んに行なわれている
中でも浅場の岩ではヘビギンポの産卵が活発
雄がせっせっとテリトリ内の雌を回って新たな生命を創造していた
2013年04月28日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

写真に撮ると

2013.04.28 (36)肉眼で見ていると よほどの派手なヤツを覗いて
ほぼ同じように地味~に見えるヤドカリたちが
写真に撮るとこんなに細かい造形をしていることに
毎度のごとく驚く

2013年04月28日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

いつの間にか

2013.04.28T (3)ビーチにこんなに大きなイシサンゴが育っていた
しばらく砂地に降りていなかったので全然気が付かなかった
これは充分色々な流れ者が住み着きそうなサイズで今から楽しみ^m^

2013年04月28日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。