冬休みの宿題

2012.12.29 (31)サワラビガイ Separatista helicoides カツラガイ科
毎年冬休みに出される宿題 【サワラビガイ卵塊の観察日記】
今年も同じケヤリに産卵が始まっていた
しかし最後まで観察できたためしはないのだが...
2012.12.29T (8)

2012年12月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

かくれんぼ

2012.12.29 (12)
ガラスハゼ Bryaninops yongei ハゼ科
ムチカラマツに付くガラスハゼは 撮りかた次第でとても良い被写体
えっ?全然良く撮れてませんが何か?(p_-)
2012.12.29 (13)隠れているのはウミカラマツエビ
後にもう一匹隠れている
このウミカラマツには4匹のガラスハゼと結構な数のウミカラマツエビがついているのだが
いかんせん105mmでは一度に映せる数に限りがある

2012年12月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

潜り納め

2012.12.29T (4)毎年ほぼ良い凪に恵まれてきた潜り納めだが 今年は結構ジャブジャブだった
録でもないことばかりの一年だったが 帰る海があるだけ幸せと笑おう
午後にはすっかり落ち着いて 静かな海が戻っていた
2012.12.29T (14)海よ 今年も一年間有難う


2012年12月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

小さな住処

2012.12.22 (26)アオモンギンポ Entomacrodus caudofasciatus イソギンポ科
黄金崎ビーチのイソギンポたちは フジツボが定番のおウチだったが
小さい仔には何気にオオヘビガイも人気の物件
2012年12月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

ジェットストリーム・アタックっ!【カエル三連星】

遅ればせながらカエル祭りに参加してきた
ビーチには現在かなりの数がいて カエルアンコウ好きにはたまらない今のビーチ
お得ななのは同じ岩にイロとオオモン 10m離れた別の岩にクマドリがいるスポット
2012.12.22 (29)イロカエルアンコウ Antennarius pictus カエルアンコウ科
先ずは下からオレンジのイロを撮り 次の真ん中のオオモンを撮る為に 岩に腹這いになると
丁度フィンがイロ当たってしまうので
「ああっ!俺を踏み台にした!!」といつも言ってるとか言わないとか
2012.12.22 (36)オオモンカエルアンコウ Antennarius commerson カエルアンコウ科
2012.12.22 (37)
クマドリカエルアンコウ Antennarius maculatus カエルアンコウ科

2012年12月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

シャイな仔

2012.12.22  (45)スミレナガハナダイ(雌相) Pseudanthias pleurotaenia ハタ科
キンギョハナダイの群れに混ざって一匹だけスミレがいる
全く動じないキンギョに比べて 神経質で全く寄らせてくれない
初対面のときは一度もシャッターを切らせてもらえずに
後のキ裂に隠れられ その後全く出てきてくれなかった
2回目で後姿を一枚 3回目でピンボケを2枚 4度目でようやく撮れたのがコレ
それでも徐徐に慣れては来ているので もう少ししたらもう少しましな写真が撮れると思う

2012年12月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

寒そうに

2012.12.22  (16)
アオモンギンポ Entomacrodus caudofasciatus イソギンポ科
今年のシーズンを熱くしてくれた仔をもう一つ
この仔たちは元々シャイなのだが 寒さのせいか
ちょこんとしか顔を出してくれなかった

2012年12月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

今年最後の?

2012.12.22  (7)ロウソクギンポ Rhabdoblennius nitidus イソギンポ科
しばらく行けてなかった西の浅場 一ヶ月以上の時間がたち
岩はソゾノハナなどの海藻に覆われていた
イソギンポのお好みの住処であるフジツボもすっかり隠れて
探し出すのに時間が掛かったが ロウソクギンポも無事発見できた
これからの冬場 浅場には中々行ける機会が無いので
多分今回が最後のロウソクギンポ君
今年はずっと楽しませてくれてアリガトーね
2012年12月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

凪ぎのち大荒れ

2012.12.22T  (4)今朝は浅場に行ける年内最後のチャンスかもと 雨の中潜りに行った
今回は読みが当たり ほぼ一ヶ月ぶりの浅場攻めで
あっという間に3時間が過ぎた

そして上がってくると いつも通りの冬の海で 大荒れだった
2012.12.22T  (16)ほんの僅かな時間でこれだけ海況が変わるので 自然は本当に甘く見てはいけない
2012.12.22T  (26)



2012年12月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

ネタ切れ

2012.12.16  (10)クマドリカエルアンコウ(幼魚)Antennarius maculatus カエルアンコウ科
はい ネタ切れですが何か(p_-)
2012年12月16日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

大きい(@_@)

2012.12.16  (5)フタホシキツネベラBodianus bimaculatus ベラ科
今年は多いと先週も書いたが ここまで大きいのをビーチで見たのは初めて
やはり成魚は深場に多いベラなんだ実感した
2012年12月16日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

とうとう二匹に

2012.12.16  (1)スミツキアトヒキテンジクダイ Archamia dispilus テンジクダイ科
9月の終わりに発見したときは4匹いたこの仔達も
一匹減り 更にもう一匹減り 今では二匹になってしまった
2012.12.16T  (9)
水温が一気に15度まで下がり 果たしてどこまで耐えてくれるだろうか
2012年12月16日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

キビレスズメダイ(仮)

2012.12.16  (8)キビレスズメダイ(仮) Chromis sp. スズメダイ科
そしてこんなコガネスズメの群れから 少し離れたところにぽつんとこの仔がいる
この仔はヒマワリのようには群れに入れてもらえず
誰にも注目されずに ぽつりと寂しげだった
2012年12月16日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

ヒマワリスズメダイ

2012.12.16  (29)ヒマワリスズメダイChromis analis スズメダイ科
ビーチではコガネスズメが沢山群れているのだが 中々ヒマワリは見かけない
コガネの群れの中に ぽつんと一匹だけ紛れているのを見ると
どんな過程でこの仔がここに至ったのか 物凄く気になった

いそうで中々いないヒマワリスズメダイ
2012年12月16日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

ざぶざぶの週末

37113_436404616415285_992443278_n.jpg今週もザブンザブンの海だった
入ってしまえば海の中は問題ないのだが
もう一ヶ月もまともに浅場に潜ってないが みんな無事でいるのだろうか...(p_-)
2012年12月16日(日)黄金崎公園ビーチ、安良里

ゴロタのクリーニングステーション

今年 ゴロタには沢山のクリアクリーナー・シュリンプが流れ着き
そこここでクリーニングステーションを開店しては大繁盛となっている
そこで沢山の魚たちをクリーニングして 沢山のダイバーの被写体となっている
そんなゴロタのクリーニングステーションでは やはりウツボが一番の得意客で
このウツボは5匹もエビを侍らせていた(一匹しか写ってませんが(p_-))
2012.12.01  (15)
しかしこのエビ スケルトンの体でも造詣に手抜き無く 額角などを拡大してみると
やはり神の見えざる手を感じざるを得ない
2012.12.01  (23)クリアクリーナー・シュリンプ Urocaridella antonbrunii ソリハシコモンエビ属

2012年12月01日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

スズメダイ2種

2012.12.01  (11)ナガサキスズメダイ Pomacentrus nagasakiensis スズメダイ科
ビーチではほぼ優勢種といって良いナガサキスズメは 透明なチビっ仔から
灰色になった老成魚まで あらゆるステージ見ることができる
あまりに沢山い過ぎて 普段はほぼスルーなのだが
よく見ると顔のブルーとか 渋みのあるスズメダイなのだ

もう一種
2012.12.01  (34)ササスズメダイ Chromis lepidolepis スズメダイ科
こちらは毎年ビーチに出現するスズメダイだが ほとんど幼魚のステージが多く
ここまで大きくなったのは珍しい 
今年は本当にスズメダイの当たり年だ

2012年12月01日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

なぜ人気?

2012.12.01  (12)ノドグロベラ(雌相) Macropharyngodon meleagris ベラ科
先週なぜか現地のブログで人気だった このベラ
何でいま?と疑問に思ったのだが 
物凄い撮りやすい場所に3匹群れていたのを見て納得
これは撮るわな^m^
はい?三匹の写真は有りませんが何か(p_-)

2012年12月01日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

頑張った浅場2

2012.12.01  (7)ネズスズメダイ Chrysiptera glauca スズメダイ科
そして浅場で頑張っているもう一匹
久々に見たけど全然元気だった
丁度両足が岩に掛かったので 踏ん張りながら何とかブレを抑えられた

2012年12月01日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

頑張った浅場

2012.12.01  (1)ロウソクギンポ Rhabdoblennius nitidus イソギンポ科
厳しかった浅場で頑張って撮ったロウソクギンポの幼魚
先週ベタ凪ぎのときは全然目に付かなかったくせに 今週はやけに目に付いた
やはり少しぐらい波があった方が活性が上がるのか

2012年12月01日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

地味仔

2012.12.01  (50)チャイロヤッコ(雌相) Centropyge fisheri キンチャクダイ科
そんなお美しいレンテンちゃまとは対照的に
こちらは地味仔としか言いようの無い渋さのヤッコ
ちなみに去年末にも出現しているので自分の中では12月のヤッコと呼んでいる

良く見ると真っ黒ではなく 濃いブルーのグラデーションが微妙にあって
尾びれなども若干黄色掛かっているのだが 水中ではほとんど眼に留まらない
しかもこの仔はまだソラスズメほどの大きさで ソラスズメに混じっているから
タケさんのピンポイント情報が無ければ絶対に分からなかった
いつも有難うございます <m(__)m>
2012年12月01日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

お美しい(゜o゜)

2012.12.01  (17)レンテンヤッコ Centropyge interrupta キンチャクダイ科
伊豆を潜るダイバーにとっては 特に珍しくも無いのだが
ここ安良里のビーチでは滅多に出会えない
そしてこの幼魚の美しさったらどうだ
思わず水中で”レンテン様~”(^o^)/と叫んでしまった
まだ幼魚だから”レンテンちゃま”か?
2012.12.01  (42)

2012年12月01日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里