スミツキアトヒキテンジクダイ

2012.09.29  (84)スミツキアトヒキテンジクダイ Archamia dispilus テンジクダイ科
この仔も2010年ぶりの登場
(といっても去年はほとんど浅場にいたから気付かなかっただけかも)
温暖化でこれから流され者の定番になっていくのだろうか
現在 4個体が同じ場所に固まっている
2012.09.29  (88)

2012年09月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里
スポンサーサイト

本日の目的のハゼ

台風の中を押して潜りに行ったのはこの仔が目的
2012.09.29  (5)ヒメニラミベニハゼ Trimma anaima ハゼ科
コノハゼ 海外では普通で見られ 以前は「sharp-eye pygmy-goby」として知られていたが
2008年に新種としてこの和名が付けられた
伊豆ではIOPや土肥で見られていたようだが もちろん安良里では初めて
しかも11.2mと言う浅さで見られて お得感が半端無い
好きなだけじっくりと撮ることができて これだけで来た甲斐があった!(^^)!
2012.09.29  (16)
そして今回 タケさんのカゴウニ包囲柵以来
ゴローさんによる 久々に秀逸なマーキングがされていたので すぐに場所も分かった
それがこれ↓↓
2012.09.29T  (3)まず一番分かりやすい岩に石と棒の矢印⇒
2012.09.29T  (2)その矢印の先には更に同じ矢印⇒
その矢印の先には⇒⇒⇒⇒⇒⇒
2012.09.29T  (1)しっかりとこの仔がいて 後は撮るだけ^m^
ちょっとだけ動画

2012年09月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

日頃の行い? ^m^

二つの台風に挟まれて 流石に今日はオヤジの海かと覚悟して行ったら
あらら? 意外にイケる感じ?
2012.09.29T陸  (6)流石に浅場は強いサージが有って諦めたが
予想外に良い海で 今週も極楽な週末だった
2012.09.29T陸  (8)
2012年09月29日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

2012.09.22  (3)ムナテンベラ(若魚) Halichoeres melanochir ベラ科
これぐらいが一番綺麗な盛り
もう少し育つと黒ずんでしまい 見栄えがしなくなる
2012年09月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

地味仔

2012.09.15  (92)
ミサキスジハゼイ Priolepis borea レズミハゼ属
割と派手な仔が多いイレズミハゼ属の中で この仔はダントツに地味
縞模様が中途半端に頭部にしかないからか(p_-)
2012年09月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

もういっちょフエダイ

2012.09.22  (33)フエダイ(若魚) Lutjanus stellatus フエダイ科
この仔こそフエダイ科のフエダイ いわばフエダイの中のフエダイ(ー_ー)!!
何年か前に初めて発見してから
それから毎年この時期に会えている
2012年09月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

成長したフエダイ

この時期フエダイの仲間も増えて来た
2012.09.22  (20)クロホシフエダイ(若魚) Lutjanus russellii フエダイ科
すっかり黒い縦じまも消えて 若魚に成長したクロホシフエダイ
もう少し大きくなると この黄色い縦じまも消えてしまう
2012年09月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

撮れない(p_-)

2012.09.22  (49)ゼブラハゼ Ptereleotris zebra クロユリハゼ科
今年は7月頃から見られているゼブラハゼだが
動きが早すぎて 今に至るまで全く撮らせてもらってない(>_<)

2012年09月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

今年もちゃんと来た

2012.09.22  (37)サザナミヤッコ(幼魚) Pomacanthus semicirculatus キンチャクダイ科
毎年必ず同じ場所に現れるサザナミヤッコの幼魚
この場所が居心地が良いのだろうけど 何のつながりも無い個体同士が情報伝達を行うわけも無く
一体どうやってこの場所を探し当てて遠くやってくるのだろう
とても不思議(@_@;)

例年だともう少し後なのだが 今年は早くも登場 無事に大きくなっておくれ
2012年09月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

思い込み

てっきりリュウグウベラだと思っていたこの仔は
なんとヤンセンニシキベラだった(゜o゜)ヤンセンニシキベラ(幼魚)2012.09.15.50安ヤンセンニシキベラ Thalassoma jansenii ベラ科
ヤンセンと言えばくすんだ背中が特徴で 見れば直ぐ分かると思い込んでいたが
若いときは上の仔のようにすっきりして これからだんだんくすんでくるのだそうだ
ヤンセンニシキベラ(幼魚)10.12.05.40安またまたどーらさんに教えて頂きました<m(__)m> いつも有難うございます

(上)2012年09月15日、(下)2010年12月05日 黄金崎公園ビーチ、安良里

うねりを乗り越えて

台風のうねりにもまけずに まだまだ健在だったスズメダイたち
2012.09.22  (50)タカサゴスズメダイ Chromis weberi スズメダイ科
2012.09.22  (52)オキナワスズメダイ Pomachromis richardsoni スズメダイ科
よっぽどいまの場所の居心地が良いのか
2012年09月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

やっと週末(^o^)/

2012.09.22T  (2)今週も やっと週末がやってきた
朝のうちは曇りがちながらも 静かに凪いだ海
しかも潮が上げているときたら テンション上がらずにはいられない(^o^)/
2012年09月22日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

スジブダイ?

2012.09.15  (55)アオブダイ Scarus ovifrons ブダイ科
ブダイもちょろちょろ動いて撮りづらい上に
なかなか正体が分かりづらいので 保留のまま放置が多いのだが
これはスジブダイ?
追記:正解はアオブダイだったようです
2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

(マニ限) やっと判明 すっきりっ!

先日のコシオリエビはやはりスジテで良かったようだ
このコシオリエビずっと前からビーチに沢山いるのだが
正体がずっと分からずに放置していた
04.02.11.13安スジテコシオリエビ Galathea spinosorostris コシオリエビ科
ちなみに▲この写真▲は2004年の撮影
2012.09.15  (30)最近またちょっと目に付いたので 久々に撮って検索したらスジテコシオリエビがヒットして
調べてもらったら結局スジテで良いことが判明した
長年のもやもやが漸く解消した^m^ 良い時代になったものだ

でもまたちょっと気になる仔が...(スジテのちびっこ?)
2012.09.15  (21)
2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

その他のチビギンポたち

そのほかにも今週は小さい仔が沢山目に付いた
2012.09.15  (5)イソギンポ(幼魚) Parablennius yatabei イソギンポ科
皮弁がまだ可愛らしい(笑)
2012.09.15  (85)
マツバギンポ(幼魚) Mimoblennius atrocinctus イソギンポ科
そしてマツバギンポは普通でも小さいのに この仔は今までで一番小さかった
2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

結構いるの?

浅場マスターが戻ってくるまで 大事に育てていたアオモンギンポ
今週いなくなってしまった(>_<)
アオモン君がいたフジツボは可愛いホシギンポの仔に占拠されていた
2012.09.15  (62)ホシギンポ(幼魚) Entomacrodus stellifer イソギンポ科

でも違う場所で 小っちゃい仔を発見(゜o゜)
2012.09.15  (87)アオモンギンポ(幼魚) Entomacrodus caudofasciatus イソギンポ科
個体数は結構いたりするのか?それとも今年だけ?

2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

久々のミスジテンジクダイ

2012.09.15  (82)ミナミフトスジイシモチ Apogon nigrofasciatus テンジクダイ科
毎年現れるミナミフトスジイシモチ
例年だともっと小さい個体が出るのだが
今年は早いうちからこんなに大きい個体が現れた 現在同じ場所に二個体出現中
2012.09.15  (84)とおもったら正解はミスジテンジクダイだったようだ
ミスジテンジクダイApogon taeniophorus テンジクダイ科
どーらさんに教えて頂きました いつも有難うございます(^_^)/
2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

タカサゴつながりで

そんなオキナワスズメやタコサゴスズメがいるのはこんな群れ
2012.09.15T  (14)そしてこの群れの中には沢山のタカサゴ類が隠れている
2012.09.15  (96)ウメイロモドキ Caesio teres タカサゴ科
2012.09.15  (44)ササムロ Caesio caerulaurea タカサゴ科
2012.09.15  (46)イッセンタカサゴ Pterocaesio trilineata タカサゴ科
まるでウォーリーを探せのようで楽しい(ー_ー)!!
2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

タカサゴスズメダイ

2012.09.15  (40)タカサゴスズメダイ Chromis weberi スズメダイ科
オキナワスズメダイと同じ群れの仲にもう一匹違うスズメダイが混ざっている
その群れだけでもうタンク一本分はゆうに遊べる
2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

他力本願

2012.09.15  (59)ヘビギンポの仲間も全然分からないものばかりなので
さっさと諦めて聞いてしまおう^m^
2012.09.15  (71)これらは両方とも【ザ・ヘビギンポ】で良いのでしょうか?

2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

水族館の水槽

静かな朝一の浅場は きらきらと輝いて まるで水族館の水槽の中にいるようだ
気持ちが良くて その場でしばし寝転がり 魚たちの一部になった気になる
一瞬 今日はもうずっとここでごろごろしているようかと そんな考えも浮かぶが
やっぱり目くるめく怪しいやつらが今日も待っていることを思い出す(笑)


2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

へとへと

2012.09.15T  (1)台風からのうねりを心配していたが 予想外に凪いで良い海だった
今週も色々あったけど 海に入れば一瞬で忘れ去る
今日も朝から夕方まで 一時間の休憩以外 ずっと海に入っていた
さすがに上がってきたときにはへとへとだった
まるで夏休みの小学生のように 今日も遊んだ遊んだ(^_^)/

2012年09月15日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

バックベアードって知ってる?

2012.09.08T  (30)ギンカクラゲ Porpita porpita ギンカクラゲ科
今週は水面に沢山のギンカクラゲが浮かんでいたので
バックベアード風に撮ってみた。
2012.09.08T  (48)
2012年09月08日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

(ちょいマニ限)これはスジテコシオリ?

2012.09.08 (96)スジテコシオリエビ? Galathea spinosorostris コシオリエビ科
ちょっとアレな写真でアレですが これはスジテコシオリエビで良いのかい?
なかなかこの手は資料が少なくて難儀(p_-)
2012年09月08日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

まさかまさかの

2012.09.08 (75)ニシキイトヒキベラ(幼魚) Cirrhilabrus exquisitus ベラ科
先月発見したニシキの仔 翌週には見つからなかっただけど
なんとなんと嬉しい再会 この手は大抵大きくなる前にいなくなってしまうのだが
結構成長していてびっくり(@_@)
今年はこのまま居ついて なんとかオスにまでなってくれないだろうか
そしてふと気がつくとさらに別の個体も直ぐそばいた(゜o゜)
2012.09.08 (81)
2012年09月08日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

フチドリスズメダイ

2012.09.08 (51)フチドリスズメダイ Stegastes fasciolatus スズメダイ科
今年も来ていたフチドリスズメ
こんなに大きくなって
できればもっと小さいときに見つけてあげたかった
2012年09月08日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

そしてビーチはホシギンポだらけ

そしてビーチの浅場にいるカエルウオの中で
穴に入っているものの大半がこのホシギンポだ
2012.09.08 (37)
ホシギンポ Entomacrodus stellifer イソギンポ科
穴から顔だけ出しているものや 全身をさらしているものなど
ホシギンポ(幼魚)2012.09.08.46安色味が全然違うものもいるのだが
はぼ8割りがたはホシギンポ
ホシギンポ2012.09.08.17安
卵を守っている個体もあちこちでみられる
2012.09.08 (57)
2012年09月08日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

カエルウオは続くよどこまでも

そして今週も新たなカエルウオが仲間入り
2012.09.08 (64)ミノカエルウオ(雌相) Cirripectes polyzona イソギンポ科
物凄く警戒心が強く 最初はシルエットしかみせてくれなかったが
一日粘ってなんとか証拠写真ぐらいにはなった(?)
ミノカエルウオの仲間は同じ場所で数年前から見てはいるのだが
今までは写真はおろか 全身すら見たことが無かった
今日は一日粘った甲斐があって可愛い顔が撮れた
2012.09.08T  (37)最初はアミメミノかと思ったが 網目模様が不完全なので
やっぱりミノカエルウオの雌相だろう
2012年09月08日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

アオモン

さてさて今日もネタが有り過ぎて何から行こうか迷うところだ
取り合えず先週発見した仔たちは 全部無事確認できた
海が安定しているからしばらくは同じ場所で観察させてくれることだろう
まずは先週シャイでちょこっとしか顔を出してくれなかったアオモンギンポ
今日は名前の由来であろう眼の後ろの《青紋(アオモン)》をしっかりと見せてくれた
(名前の由来のアオモンは胸鰭基部についている)
2012.09.08 (29)
アオモンギンポ Entomacrodus caudofasciatus イソギンポ科

2012年09月08日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里

今日も良い海だった

2012.09.08T  (9)今日も波一つ立たない良い海だった
もう楽し過ぎて 一本目3時間(180分) 二本目も2時間(120分)潜ってしまった
浅場とはいえへとへとになるまで海に入っているのはけっこう疲れるのだ(@_@)

2012年09月08日(土)黄金崎公園ビーチ、安良里
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。