No.1アイドル

何がNo.1かは人によって拘りがあるところだろうが
今のところビーチでのNo.1アイドルは間違いなくこの仔だろう
(ちなみに私のNo.1といえば...)

毎年毎年 その出現を心待ちにされるクマドリ君
例年はシロクマ君が先に出て それから満を持しての登場となるのだが
今年は白クマ君の出現を待たずに登場して
ビーチを潜るダイバーの視線を独り占めしている
クロクマ2011.11.26.27
クマドリカエルアンコウ(幼魚) Antennarius maculatus カエルアンコウ科

※良かったら720pHDで 重いようなら360pで見てください

ちなみにこの仔がいるのは こんな岩の
クロクマ2011.11.26T04こんな壁面(このどこかにいます)
クロクマ2011.11.26T05


黄金崎ビーチ、安良里 2011年11月26日(土)


スポンサーサイト

ここに×××がいるよ4

ボートポイントでヨシオが出たと言う話題から
「そう言えば今年は全然ウミウサギをを見ないね」という話を休憩中にしていたら
TAKEさんが「そう言えばアレいますよアレ」と教えてくれた
ムラクモ2011.11.12.42ムラクモキヌヅツミ Phenacovola gracilis ウミウサギガイ科
「あの岩のサビカラマツについてますよ」という
ムラクモ自体は特に珍しくもないのだが
TAKEさんの言う「あの岩のサビカラマツ」というのが
この岩の↓↓↓ムラクモ2011.11.26T01このサビカラマツ↓↓↓ムラクモ2011.11.26T03言われないとそこにサビカラマツがあることすら分からず
捲ってみないと貝がいることも分からない
これがガイドの眼力なのだと またまた感心

黄金崎ビーチ、安良里 2011年11月26日(土)

生命力

コスジ2011.11.26.06コスジイシモチ Apogon endekataenia テンジクダイ科
体の部位が欠損した魚は良く見かけるけれど
しばらく観察していると欠損部分は徐々に再生している
羨ましい生命力だと思う

しかし尾鰭が丸々欠損していると 流石に泳ぐのに不都合があるので
このまま生きながらえるかは五分五分といったところか
※良かったら720pHDで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2011年11月26日(土)


瓶詰め

瓶詰めのスナダコ
タコ2011.09.10.04詰めてないよ(ー_ー)!!

黄金崎ビーチ、安良里 2011年09月10日(土)

何が写っているか分かりますか?

先週ストロボが光らない中 一番残念だったのがこの仔
何とか証拠を残したかったが ライトを当てながら悪戦苦闘して
フトショで加工してもここまでにしかならなかった
せめてビデオを持っていたら良かったのだが...
謎2011.11.05.31【前部】 ホヤの群体のような
謎2011.11.05.27【後部】エビ類の腹部のようなヒレのような
謎2011.11.05.32【全体】だけどほぼ自然光なので何だか分からない...
後部が回転するようにくねりながら泳いでいた
多分もう二度と会えない謎の生物...多分
【クダクラゲの一種 Siphonophoraだと思う

黄金崎ビーチ、安良里 2011年11月05日(土)

ここに×××がいるよ3

イロ2011.11.12T14ビーチに沈められたコンクリートブロックは
多くの生き物たちの住処になっている
イロ2011.11.12T16その表面を良く見てみると~

続きを読む

ここに×××がいるよ2

ナガレ2011.11.12T18ビーチの岩に付いたユビノウサンゴ
ナガレ2011.11.12T20この中を覗いてみると~

続きを読む

ここに×××がいるよ1

フタスジ2011.11.12T10数年前から岩にちょこんと育ったミドリイシ
フタスジ2011.11.12T11ここにボクがいるよ

続きを読む

気になる?気にならない?

ヒレナガネジリンボウ(鰭白)2011.11.12.54安伸張する背鰭の先が白いこの個体
気になる?気にならない?

気になる人はこっち

続きを読む

今週もハゼ

期間限定の泥ハゼ天国も
時間の経過とともに流れ込んだ泥が流されて
大分寂しくなってきた
ダテハゼ2011.11.12.09ダテハゼ▲やオニハゼの数が目立つようになっていて
一時はそこら中にいた
クサハゼ2011.11.12.23クサハゼ▲やカスリハゼ▼の数がかなり少なくなってきた
カスリハゼ2011.11.12.24彼らは果たして泥と一緒にどこかに行ってしまうのだろうか?
それとも環境に適応できずにその場で落ちてしまうのだろうか
泥や砂などといった生息環境に左右される砂地のハゼの生態は
一体どうなっているのか本当に不思議だ
まあこの仔たちに限って言えば 環境に一番適応して
長くダイバーを楽しませてくれているのだが
ミジン2011.11.12.26
ミジンベニハゼ Lubricogobius exiguus ハゼ科

やっとヤル気が出てきた

先週はヤル気のなさが災いして 入って直ぐにストロボの電池が切れてしまい
何一つ写真が撮れなかったが
今週はビデオとコンデジもしっかり装備して 気合入れて潜った

そんな気分を反映してか 昨日の冬の寒さとは打って変わって
小春日和の週末

エントリーして水中を覗くと 明るく気持ちの良い海が広がっていた
浅く明るい海で 群れるイサキに囲まれていると
小さいことなどどうでも良くなるほど気持ちが良い

※良かったら720pHDで 重いようなら360pで見てください

黄金崎公園ビーチ 2011年11月12日(土)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。