年の終りに




今年も一年有難うございました




今年は本当にテンションが上がらない一年だった

そんな中でも夏から秋にかけて 海に通い続けられて良かった
素敵な仲間や 現地の皆さんや 何よりも安良里の海のおかげです
有難うございました<(_ _)>

そして来年もまた 宜しくお願いいたしますヽ(^。^)ノ







齧られたアイゴ-その後

10月2日に見かけた腹を齧られたアイゴ
まだ元気に泳いでいた
10月には一匹でふらふらとしていたのだが
ちゃんと仲間に入れてもらって 仲間と泳いでいた

※良かったら720pHDで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年12月11日(土)

回路が繋がる-キビレヘビギンポ

水中に限らないのだが 一度脳が認識してしまうと
それまでは意識に上らなかったものが きちんと処理されて
途端に良く目に付くようになることがある
キビレヘビギンポ10.12.11.53安
キビレヘビギンポ Enneapterygius senoui ヘビギンポ科
この写真の個体は 先々週の亀裂とは別の岩に付いていて
ここはオープンなオーバーハングになっているので もう撮り放題
キビレは4個体ぐらいいて 同じく普通のヘビギンポも沢山いるのだが
もう見間違えることはなくなった
(写真だと綺麗に写るんだけど 肉眼で見るとすごく地味子なのよ(p_-))

うん 自分で見つけたんじゃなくて
浅場マスターにその岩 教えてもらったんだけどね
何か?(=_=)

黄金崎ビーチ、安良里 2010年12月11日(土)

その他のヒメジの仔

今年は前二種のほかにも ヒメジの仔を沢山撮ることができた
この仔は最初に見つけたときは まだ真っ白でキラキラした綺麗な仔だったのに
手間取っている間にこんなに黒ずんで ばっちくなってしまった(>_<)
綺麗な時を撮り逃がしてしまってゴメンね~
コバンヒメジ(幼魚)10.12.11.37安コバンヒメジ Parupeneus indicus ヒメジ科

そしてこちらは砂地のヒメジで
流れ着いたときから既に大きく
青かぶりを抑えるのができなくて残念だった
オキナヒメジ09.02.07.09安オキナヒメジ Parupeneus spilurus ヒメジ科

黄金崎ビーチ、安良里 2010年12月11日(土)

気になる看板2

通り沿いの気になる看板シリーズ
『十割りそば』に続く第二弾 その名も

超(すーぱー)とんこつ!

DSC01123.jpg少し前から非常に気になっていたのだが
今日やっと入ってみた
待つことなく運ばれてきた『超とんこつらーめん』
DSC01126.jpgおおっ(@_@;)
スープが真っ白っ!
これは期待大っ
とスープをすすってみると
んん?
白いのは上澄みだけで 中は醤油色をしている
見かけによらずあっさりしたクリーミーな味わい
ちょっと期待ハズレか?

壁にかけられたスープへの拘りを読んでみると
「厳選した上質のとんこつをクリーミーで上品に仕上げました」
とあった
確かにその通りだが「超すーぱーとんこつ」というからには
こってり濃厚を期待していたラージャン(ラーメンジャンキーね)の私としては
かなり物足りなく むしろとんこつラーメンを食べたという気がしなかった
女性向けにはこういうのが良いのか?

しかし気になる看板にはなかなか当たりが無い
まさに看板倒れっ(ー_ー)!!


黄金崎ビーチ、安良里 2010年12月11日(土)

誰も注目しない仔-ヒメジたち

昨日に引き続きヒメジの仔
全体的に地味仔なヒメジたちの中では 割と目を惹くこの仔は
毎年見られるのだが やはり今までちゃんと撮ったことが無かった
インドヒメジ(幼魚)10.08.21.29安インドヒメジ(幼魚) Parupeneus barberinoides ヒメジ科
今年は浅場でじっくり潜っているため
ヒメジやベラのコレクションが一気に増えた(^。^)

黄金崎ビーチ、安良里 2010年12月5日(日)

やっと満足

何気に好きなヒメジの仲間
黄金崎ビーチでは毎年多くの種類の幼魚が見られるが
なかなかに珍しいこの仔
可愛さでいってもインドヒメジの幼魚と双璧
10120509.jpgフタスジヒメジ(幼魚) Parupeneus crassilabris ヒメジ科
毎年見ていたのだが 今まできちんと撮ったことが無かった
それが今年は 9月に初めて見つけてから
ずっと同じ場所で見られているので
毎週のように追いかけて撮っていたのだが
ヒメジはやはり背鰭とヒゲを開いたところを抑えたい
撮っては消し また撮っては消し
ようやく満足いくのが撮れたと思ったら
もう12月になっていた

黄金崎ビーチ、安良里 2010年12月5日(日)

なぜか少ない

今年は色々な魚が出すぎて 特にカエルアンコウやタツなどは
ほぼ一年中観察できたと言って良い
しかし例年ならもう少しは見られて良いはずのこの仔は
あまり目に付かなかったと思う
10120533.jpg
ニシキフウライウオ Solenostomus paradoxus カミソリウオ科
自分的には 実は今年初だったりして

えっ?浅場ばかり潜ってるからだって?

黄金崎ビーチ、安良里 2010年12月5日(日)

水深1mでツバメウオとたゆたう

DSC01403.jpgナンヨウツバメウオ Platax orbicularis ツバメウオ科
確か最初に出現を耳にしたのは月の半ばだったか
しばらくはかなり東側の浅場でふらふらしていたが
ここ数週間は東側のENスロープ脇の大岩の下を住処にしている
近づいてレンズを向けると岩の下から出て ふらふら泳ぎ出す
明るい浅瀬で 波に揺られながら一緒にたゆたっていると
思わず居眠りしそうになる心地良さ
Beautyful Sunday Morning!
※良かったら720pHDで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年12月5日(日)

勘違い?それとも擬態?

おいおいっ!
それはトラギスかゴンベの真似かい?

お前さんベラだろっ?
それともサービスかいっ?
イナズマベラ(雌相)10.11.27.20安イナズマベラ(雌相) Halichoeres nebulosus ベラ科


黄金崎ビーチ、安良里 2010年11月27日(土)

ハナマルユキ

ハナマルユキ10.11.27.81安ハナマルユキ Cypraea caputsentis タカラガイ科
特に珍しい貝ではないのだが
ビーチで生体を見るのは珍しいか? あまり記憶に無い
ボロボロになった殻は良く落ちているのだが
ちょっと意表をつく綺麗さだったので 思わず撮りまくってしまった
水深1mと浅いところなので 今まで目に付かなかったのか

久しぶりにイボヤギイトカケの産卵にも出会った10112714.jpgイボヤギヤドリイトカケ Alora billeeanae イトカケガイ科
いつもは水深10m付近のイボヤギを観察しているのだが
この仔は水深2mのところにいた

黄金崎ビーチ、安良里 2010年11月27日(土)