今週の流されもの1 サザナミフグの幼魚

さて今週も海中は暖かく
エントリした瞬間 ぬるい海水がウェットの隙間から染み込んで来る

エントリ口に小さなチョウチョウウオの幼魚が2匹いたりして
すっかり夏っぽくなった海中
先週まで見ていなかった流されものが沢山目に付いた

そんな中で まずは今週一番の 流されもの!
【復活!!】ニシカゲさんが見つけたこの仔
10073129.jpgサザナミフグ(幼魚) Arothron hispidus フグ科
ビーチでは2008年10月に若魚が出現しているが
私の記憶に限って言えばここまで小さいのは初めてか

この手のフグの仔は一度いついてしまえば
長くいてくれるので
さてどこまで大きくなってくれるととても楽しみ

くるんと丸まったお尻がとってもプリチー
10073134.jpg


※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年07月31日(土)

スポンサーサイト

恥ずかしがりや

昨日は泳ぎ疲れて 更新を忘れてしまった(゜o゜)

さて今日の魚は 特に珍しくも無いトビギンポ
ビーチでは砂地を払うと ぴっぴっと移動するので
その存在を知ることが出来るが
いつも砂に潜っているので
なかなか全身を見ることができない 恥ずかしがりやさんだ
10072427.jpgトビギンポ Limnichthys fasciatus トビギンポ科
でもしつこく追いかけていると
そのうち疲れて 上のように

「もーどーにでもしてー」

状態になる

黄金崎ビーチ、安良里 2010年07月24日(土)

初めてのチヂワ

いつもチェックするイソバナに 新しくチヂワがついていた
しかし今まで見たことのない 外套膜のパターン
10072431.jpgチヂワケボリ Prosimnia semperi ウミウサギガイ科
貝殻はたまにベニなどでも見られるソメワケタイプ
10072444.jpg
さて 触角が見えなかったので残念なのだが
このタイプの外套膜は今まで見たことが無い
これもチヂワのバリエーションの一つで良いのだろうか

黄金崎ビーチ、安良里 2010年07月24日(土)

青い海に浮かぶ謎の物体(再UP)

Wataseniaさん からコメントを頂き 謎の物体の正体が

ソデイカの卵塊


と判明しました!
(Wataseniaさん有難うございました<(_ _)>)

サルパやヒカリボヤではなかったようです
なので再UPしておきます

黒潮が丁度入っていたときなので 潮に乗って流されて来たんだろうね

その頭で見ると動画もまた違った感じで見ることが出来た
(動画中のテキストは直してませんのでそのままです)


さて海中はというと 黒潮が入ったのか マスクを水中に入れた途端
真っ青でクリアーな上に 一気に3度も水温が上昇してしいた

気持ちが良い水に浮かびながら さて今日はどこに行こうかと
しばしぷかぷかしていたら

前方になにやら浮かぶ謎の物体を発見
100605V73.jpgヒカリボヤの仲間 改め ソデイカの卵塊 Thysanoteuthi rhombus
近づいていき 良く見ると
10060502.jpg内部には魚が捕らえられて死んでいた
このヒカリボヤの仲間は 無数の個虫が集まった群体なので
捕食しているのではないと思うが
群体は筒状で口が一端にしか開いていないので
入ったは良いが出られなくなってしまったのだろう
その名の通り光るそうなので できれば夜に見て見たいものだ

黒潮に運ばれてきたのか 全部で3群体浮いていた

このほかにも水面には色々と浮いていて ふと気が付くと
EN口で30分近くが過ぎ去っていた...


※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月05日(土)


プール開き

DSC01018.jpg夏の間だけオープンする 横浜市営元町プールが 今年も始まった
会社帰りにナイターで泳げるので 毎年この時期は水着をもって会社に行く

今日は今年初泳ぎなので とりあえずゆっくりと 1kmだけ泳いだ

普段はウェットに包んだこの体
水着で泳ぐと 水流にムダ肉が揺れ
特に背中側の腹回りがぶるぶると 我ながら情けない...(>_<)

今年の夏が終わるごろまでに なんとかムダ肉取れるだろうか

コンバイン

コ~ンバイン1、2、3
知っている人は同年代です(ー_ー)!!
その昔 流行った合体ロボアニメです

さて 木の枝に付いていた不思議な生き物の集合体
10071704A.jpg
一体何がどうなっているのやら
10071704.jpg


黄金崎ビーチ、安良里 2010年07月17日(土)

ヤバイ魚

2本目にエントリする前に タケさんがデジカメのモニタを見せてくれた
そこにはなにやらヤバイ魚が写っていた
トリチクスのような骨板質の頭部に 大きな胸鰭が傘の骨のように開いた魚
ハチの幼魚か ホウボウ科の幼魚のようだが
コンデジの小さなモニタ画面では細部が分からない
上がってきたばかりだというので 直ぐにENして目印を発見するが
いたという窪みには既に見当たらなかった
砂に潜ったとの話も有ったので 穴の周りから少し掘ってみたが
やはり見当たらなかった
少しずつ半径を広げながら 30分ぐらいかけて丸く捜索していったが
やはり見当たらなかった
激しく見たかったのに 最近どうも外すことが多い...

仕方が無いので 捜索の間 ずっと周りをちょろちょろしていた
コンシボリを撮って上がった
10071752.jpg
コンシボリ Micromelo undata ミスガイ科
思えば去年初めて出会うまで 見たくてたまらなかったはずなのに
去年結構見たので 既にミスガイと同じレベルになっている...


※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年07月17日(土)



インセプション

486003a47f02e1c88eb878113aa448e3_jpg.jpg

久々に面白い映画だった
内容などがほとんど公開されていなかったので
トレーラーだけ見て 見にいったのだが 本当に良く出来た映画だった

複雑な世界観やストーリーを 最後まで何の矛盾もなく 分かりやすく見せたところは
クリストファ・ノーランの表現者としての凄さだと感心した(ちょっと上から過ぎ?)
構想は10年前からあったらしいが 10年前はマトリクスなどとかぶってたろうし
この間に映像の技術も格段に進歩したし
10年寝かして正解だったと思う

ちなみに主役はデュカプリオ
迷宮の設計士(脱出では無く迷宮造ります)アリアドネに ミス・地味顔 エレン・ペイジ
世界のケン・ワタナベも出てます



======以下内容に触れているので読みたくない人は飛ばしてね======

結末を解釈を観客に委ねるエンディングは好みの分かれるところだうが
アメリカ人は嫌いな終わり方だろうねー
アメリカでは別バージョンのエンディングがあるのかも
DVD化したときに分かるけど

======ここまで内容に触れているので読みたくない人は飛ばしてね======




しかし世界のケン・ワタナベはハリウッドで確固とした地位を築いたね

内容は下の公式サイトで確認してもらうとして(手抜き)
サイバーもの好きな人は 時間があれば 是非見に行って(ー_ー)!!
【公式サイト】⇒ http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/mainsite/

カレイの幼魚

10071731.jpg着底したてのカレイの幼魚
この時期 海底には 肉眼ではぱっと見 見分け難い生物で覆われている
手で海底をさーっと撫でてみると
ぴっぴっぴと色々なものが 手の軌道から逃げていく
今週は この着底したてのカレイの幼魚が 良く眼に付いた

黄金崎ビーチ、安良里 2010年07月17日(土)

泳ぐイソギンチャク

その名もオヨギイソギンチャク(そのまんまかっ(>_<))
10071705.jpgオヨギイソギンチャク Boloceroides mcmurrichi オヨギイソギンチャク科
一口にイソギンチャクといっても
図鑑などで調べて見ると 結構沢山の種類がいて
その生態も多様性に富んでいて驚かされる
知らない人に話してまずリアクションが大きいのがこの仔
「えっ!?イソギンチャクが泳ぐの?」
という反応をまずもらえる

このオヨギイソギンチャクはビーチに沢山いて 特に珍しくも無いのだが
なかなか自然に泳いでいるところには出会えない(剥がすと泳ぐけど)

黄金崎ビーチ、安良里 2010年07月17日(土)

夏が来たっ!

100717R40.jpg
青い空と白い雲
100717R02.jpg
緑は濃く
100717R42.jpg海は静か

夏が来たっ!\(^o^)/

黄金崎ビーチ、安良里 2010年07月17日(土)

穴場の水郷 【楓ケイ古鎮】

さて本来の目的である上海万博は
中国館の予約が一杯で翌日まで取れなかったので
今日は上海近郊の水郷【楓ケイ古鎮】に観光
上海近辺の水郷は結構あるが 今ではすっかり観光地化してしまい
中国各地から観光客が集まり 日本人も多く ゆっくりと古色にひたることもできない

DSC00579.jpg今回の【楓ケイ古鎮】は まだ比較的新しく
ほとんど観光客もおらず(それでも日本人グループが4~5人いたが)
ゆったりとした昔の中国水郷の景色にひたることができた
DSC00641.jpg
緑と水の風景は まるで時間が止まったかのように
DSC00845.jpg
そこだけ別の時間が流れていた
DSC00653.jpg

DSC00652.jpg

DSC00719.jpg

上海、楓ケイ古鎮  2010年07月02日(金)

上海出張

上海と横浜は友好都市の間柄
今回鳴り物入りで開催された中国の上海万博が
微妙に苦戦している(?)とのことで
横浜市の新市長が発起し 約200人の友好団を組織して
行ってきました 上海万博

DSC00538.jpg歓迎レセプションでスピーチする横浜 林市長

上海、2010年07月01日(木)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。