勝手に妄想

2週間前

ペアで産卵していたベニキヌヅツミ
10061217.jpg

そして2週間経った今週

多くの卵がハッチを終えていて
片方は早々にどこかに行ってしまったようだが
10062656.jpg
もう片方 (上画像で奥の方の個体) は律儀に卵を守っていた

10062665.jpg残りの卵を守るように
写真を撮る私を 頬を膨らませて威嚇するように じっと見つめていた

※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月26日(土)

スポンサーサイト

フタホシキツネベラ

10062641.jpgフタホシキツネベラ(幼魚) Bodianus bimaculatus ベラ科

先週 週中にタケさんのブログでこの魚の出現を知り
ボートでは良く見るそうだが ビーチで幼魚は多分初出
実は自分自身 まだ見たことが無い魚だったので
久しぶりに週末までわくわくして過ごした

土曜日は雨模様の予報だったが 全く気にならず
いそいそと海に向かった

最近はどうも惰性で潜っている感が強く
どうしたものかと思っていたのだが
まだまだ見たこと無い魚にわくわくできるって ちょっと意外だった

※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金色に光るこの小さなベラの幼魚は そんな期待を裏切らず 私をすっかり魅了した

お気に入りのヤギの回りをちょこまかと動き回り 
午前 午後とタンクを2本使っても なかなか納得行く写真を撮らせてくれなかった

「もう一度」

写真を見ながら また少しわくわくしながら
そう思った

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月26日(土)

大っきぃなぁ~

10062655.jpgウチウラエビスヤドカリ Catapagurus hirayamai エビスヤドカリ科

はいっ(ー_ー)!!  ヤドカリ好きの方もそうでない方も ちょっと寄って見て行って

この紅い鋏が可愛いヤドカリ
動きがぴょこぴょこと面白く ちょっと眼を引いた
(といっても動画は無いのだが...)
貝殻の大きさが15mm程度の小さいヤドカリ


さて今回 実はこの仔が主役では無いのです


もう一度↑↑↑上の画像↑↑↑を良く見て

この画像の中にヤドカリがもう一匹(マダラヒメヤドカリ)写っています
見つかりました?

見つけたらこの大きさを想像してみて!!
ツメ(鋏脚)よりも小さいって ちょっと不思議な絵でしょ?
アイコラじゃないですよ(もちろんCGでもない)

両方にピンを持ってくるのが大変だったこと 

撮っているときはアミだかヨコエビだか 何だか分からなかったが
(この小ささなので)
いつもお世話になっている
ヤドカリ図鑑の管理人 HIROさんに お尋ねしたところマダラヒメだろうと
ヒメだから小さいのだが さすがにコレは小さすぎじゃない?

HIROさん いつも有難うございます <(_ _)>

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月26日(土)

ミステリーサークル

「そう言えばアレなんでしょう?」と漁協のY中氏が言う


アレとは
「岩から放射状に伸びた不思議な跡」で

以前からちょっと気になってはいたものの 放置していたのだが
言われたのでちょっと撮ってみた
100626V70.jpgハナビラのような跡が岩に沢山付いている
100626V72.jpgさて 撮ったは良いが
なんじゃこれは?

海藻が付いていて 枯れた跡の根の跡??

帰って画像を見てみると....
黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月26日(土)

続きを読む

昨日は宴会

昨日は中華街で宴があった
中華街の宴会には獅子舞が付き物だが
そう言えば新しいデジカメを買ったんだと 回してみた
ライトなし 手持ちで 室内灯と言う条件を考えれば
若干の光量不足の感はあるが パソコンで再生する分には全く問題ない
というかフルハイビジョンなので テレビで流しても大丈夫なのだ

しかししかし なんとmp4.は「Adobe Premiere Elements」では編集が出来ない(p_-)
そのため一度 wnv.に変換して編集しなければならず
せっかくの高画質が手間が掛かる上に画質が落ちてしまう

そしてそれをいつものようにHD用に書き出ししようとすると500M超になってしまい
結局320x240のmpg.2で160M程度に圧縮され
下のようなスジスジの画像になってしまう...
どうすれば良いのだろうか??

peg4.をそのまま編集できるソフトを買えって?



菜香新館、横浜中華街 2010年06月15日(火)

最近気になること

ビーチには稚魚から老成魚までマダイが多いが
最近気になることに 尾鰭の両葉が傷んでいる個体が多い
10061203.jpg水質が落ちると かかる病気があるとも聞いた
10061202.jpg
最近潜るたびに 何個体かは このようなマダイを眼にするので
ちょっと気になっている

個体自体はいたって元気なのだが...
※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月12日(土)

なんでだろう

100612V45.jpgこの時期になると ビーチのクロミルが
寒天状の物質に包まれる
100612V46.jpg個体が弱って何か付着物が付いているのかと思うと
少ししたら元に戻っていたりする

これって何で?

誰か知っていたら教えて下さい<(_ _)>

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月12日(土)

黒潮に乗って

先週末から 黒潮の恩恵で
青く暖かい海が続いている

いつもならこの黒潮に乗って 色々と南方の魚がやってくるのだが
今回はコレといったものも目に付かず
気がついたものといえば 唯一この仔ぐらいか
10061231.jpg
アジアコショウダイ(幼魚) Plectorhinchus picus イサキ科
この仔たちの仲間は 小さくて つねにくねくね動いているので
撮るのが結構大変
10061229.jpgしかしここ数年 流されてくるものが眼に見えて減っているような気がする

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月12日(土)

謎の触手

そうそう イトカケを撮っていると
視界の隅でちょろちょろと何かが動いているのが眼に入り
若干うっとうしい

※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

ちなみに最近【謎の-】というタイトルが多いのは
「謎」とつけるとYouTubeで知らない人が騙されて再生数が増えるからだったり(^。^)

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月05日(土)


エビ?

10060524.jpg

エビ?

後ろのは明らかにエビじゃないよね?

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月05日(土)

今週のイトカケ

さて ようやく泳ぎ出したと思ったら
既に水に入ってから30分以上経っていた
今週も 先週からのイトカケの仲間を観察に行こう!

ちょっと見ないうちに(そう言えば先週サボったんだった)
貝にコケが生えていた
10060539.jpg
こちらでは別個体が産卵中
1006547.jpgじっと見ていると どうもイソギンチャクの上に産んでいることが多いことに気づく
イソギンチャクが出てきたらどうなるんだろう?と素朴な疑問

そこで先週 この貝がイトカケの仲間だと教えてもらったことを思い出した
するってえと もしかして
イボヤギヤドリイトカケのように イソギンチャクを攻撃しながら
産卵するあのパターンなのかいっ と思い当たり じ~っと見ていると
(イボヤギヤドリイトカケと違って 小さいので眼がものすごく疲れる(>_<))

先のコケの生えた個体が 予想通りチビイソギンチャクを攻撃開始!
10060557.jpg
そして
やはりその脇に産卵を始めた(産み始めの卵 分かるかな?)
10060559.jpgしかし ゆっくりゆっくりと産んでいくので
残念ながらいつまでも見ているわけには行かず
空気の残りがレッドゾーンに突入してしまい 後ろ髪惹かれつつも 帰途に着いた

なんだかんだでタンク一本 80分間 じっと観察していた


黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月05日(土)

色々浮かんでいる

さて 水面には他にも色々なものが浮いていて(Part3)
なかなか先に進めない
どころか潜降もできない
クラゲも昨日のアカクラゲのほかにも 色々なものが良い状態で浮いていた
10060516.jpg
ヨウラククラゲ Agalma okeni ヨウラククラゲ科
このクラゲも群体性のクラゲで
浮遊部分のクラゲとポリプ型のクラゲが連結した不思議な生き物である

しかし これらの浮きものは 海が静かであっても非常に撮りづらい
海面を仰ぎながら撮るので 仕舞いに首が痛くなった

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月05日(土)

ボロポロのアカクラゲ

さて 水面には他にも色々なものが浮いていて(Part2)
目を引いたのがこのボロボロのアカクラゲ
自慢の長い触手は ほぼちぎれ
傘も中央に穴が開きドーナツ状態
まさに瀕死の状態かと思ったが
どっこい元気に泳いでいた
※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください
まさかこの状態から傘は再生しないと思うが
クラゲの生命力も強いんだと たいがい感心した

こちらが正常なアカクラゲ
10060505.jpg
アカクラゲ Chrysaora melanaster オキクラゲ科
とはいっても こちらも傘を何かに齧られた後があった

今回の黒潮は何かハードだったんだろうか?

黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月05日(土)


おっしーさんちの愛犬

久々におっしーさんちの愛犬 【海男】と【桜子】(だったっけ?)
がビーチに遊びに来ていた
ひとしきり遊びまわった後だったのか 2等ともぐでーとしていて
少しもこちらを向いてくれない
100605R08.jpgしつこく頭をなでたりしていたら
一応起き上がってみたが
100605R23.jpgつーん
100605R27.jpgんべー

昔は寄っていくと 飛び掛って尻尾ぶんぶん振ってくれたのに
少し会わない間に忘れられたかい?


黄金崎ビーチ、安良里 2010年06月05日(土)

今週は【料亭たつみ】3

さらには おそらく他ではあまり食べられないだろう珍味
100605R54.jpgなんだか分かりますか?

そう 岩などに良く着いているフジツボ
これも昨日採れたての生きていたのを 湯通ししただけ
普通あまり食べる機械はないと思うのだが
食べてみるとこれが結構いける

殻の部分を綺麗に割るのが難しいが
割れるとこのような身が出てくる
100605R56.jpg身の部分は まるでかに肉を食べているかのような食感と味わい
奥に味噌があり その部分はホタルイカの味噌に似ていた

湯通ししただけで 何の味付けもしていないが
磯の味が強く 海そのものを食べているようで
ダメな人はダメだろうが 好きな人は多分はまる

この仲間のカメノテはヨーロッパなどでは普通に食べられていると
昨日「世界不思議発見」でやっていた(ー_ー)!!

料亭たつみ、安良里 2010年06月05日(土)

今週は【料亭たつみ】2

さて海から上がってくると
(海の中はどうしたって(-_-;)?)

タイミングを見計らって 若女将が七輪の上にサザエを並べてくれていた
100605R30.jpgそして焼きあがるまでにと お刺身(>_<)
100605R33.jpgd新鮮な肝も絶品100605R35.jpg今日はダイビングでなく 美味しいサザエがメインの週末だった(^_^)
ちなみに上のサザエ 全部一人で頂きました(食べすぎ?)

上の画像では美味しさが伝わらないかもしれないので
サザエの焼ける音もどうぞ(^_^)

※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

料亭たつみ、安良里 2010年06月05日(土)

今週は【料亭たつみ】

さて 今週末は良く晴れて
絶好のダイビング日和
緑の山間を抜けて 窓を全開にして海風を楽しみながら
今日もたつみに到着
すると いきなり
今日は帰りに寄ってってね~ とサザエが登場(@_@;)
100605R02.jpgもの凄く大きな立派なサザエがごろごろ
みんな昨日採れたばかりで まだ生きている
100605R05.jpg潜る前から お腹が ぎゅぅぅぅぅ(>_<)

料亭たつみ、安良里 2010年06月05日(土)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。