カセミミズ

100515V129.jpgカセミミズ Epimenia verrucosa サンゴノホソヒモ科
この一見ゴカイかと思われる生き物は 大きな括りでいうと貝の仲間になる
最初に見たときは絶対にヤバイゴカイだと思ったんだが...
トサカなどに良く巻きついていて そのトサカを食べている
不思議生き物である

海辺の生きもの (山渓フィールドブックス)海辺の生きもの (山渓フィールドブックス)
(2006/05/01)
奥谷 喬司楚山 勇

商品詳細を見る

サンゴ礁の生きもの (新装版山溪フィールドブックス)サンゴ礁の生きもの (新装版山溪フィールドブックス)
(2006/05/01)
奥谷 喬司楚山 勇

商品詳細を見る

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月22日(土)

カギケノリを食べるアメフラシ

カギケノリ10.05.22.116安
カギケノリ Asparagopsis taxiformis カギケノリ科
ビーチに沢山生えているカギケノリ
それをアメフラシがムシャムシャと食べていた
100522110.jpgアメフラシが海藻を食べることはもちろん知っていたが
こんなのまで食べるとは知らなかった
海藻ならなんでも良いのか

岩肌に一叢のカギケノリが生えていたのだが
あっという間に根こそぎ食べつくしていた

※重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月22日(土)

貝の上に貝の上に貝

さて昨日の一枚目の画像の左下に 小さな窪みがあり
その中にマルベッコウバイ(合ってます?)がいて
その上に貝が3段重ねで付いていた
10052271.jpgマルベッコウバイ Ecmanis tritonoides エゾバイ科
さらには反対側にも もう一匹(こちらはシマメノウフネガイ?)
10052266.jpgしばらく見ていると こちらを気にしながらも体を返して 逃げ出した

上に乗った貝も 眼を出してこちらを窺っていた
100522V141.jpgこのような寄生貝 当然寄生している上 生きているのだろうが
正直あまり生きているとという実感がなかったので
ちょっと驚いた(゜o゜)


※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月22日(土)

もう一つの遊び場

最近は砂地で動かずに タンク一本丸々消費することが多いのだが
もう一つの遊び場が このカイメンにびっしりと埋まった
チビセンナリスナギンチャクがついた岩
チビ10.05.22.V148ここにも被写体が多く タンク一本すぐに消費してしまう
チビ10.05.22.V153チビセンナリスナギンチャク Parazoanthus aff.parasiticus センナリスナギンチャク科

さて 唐突に問題です

何がいるでしょう?

続きを読む

砂地のヤドカリ2種

ヤドカリは
よほど綺麗な個体か 目立つ個体にしか
レンズが向かないのだが
実は沢山の種類がいる
一本のダイビングで10種類以上は確実
見る人が見ればもっといること間違いなし
10051537.jpgマダラヒメヤドカリ Catapaguroides fragilis ヒメヤドカリ属
10052230.jpgホンヤドカリ科の1種 Paguridae sp. ホンヤドカリ科
ヤドカリ図鑑(Hermit crabs' World)より


黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月22日(土)

気楽に拾えない その2

この貝も沢山落ちていた
10052260.jpgマルヒナガイ Dosinorbis troscheli マルスダレガイ科
いくつか拾った後 ふと裏返してみると またまた
こんなところで産卵している可愛い貝がいた
10052254.jpg先のフネガイのイメージがあったので 気がついて良かった
貝を拾うときは良く気をつけて拾いましょう(ー_ー)!!

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月22日(土)

気楽に拾えない その1

今週は綺麗な貝が沢山落ちていた
maki10052212.jpgタマネコガイ Eunaticina lamarckiana タマガイ科
この綺麗な巻貝も沢山目に付いたので
拾おうと思ってつまんで見ると
maki10052211.jpg反対側の裏面に 別の貝が卵を産んでいた
気づかずに持って上がらなくて良かった
写真を撮ろうと別の貝の上に乗せたら 卵放置して 逃げ出した(゜o゜)
maki10052208.jpgシマメノウフネガイ Crepidula onyx カリバガサガイ科
おっ 結構可愛い顔してる
ケムンパスか?(誰も知らねーって)

ケムンパスよりも手前のゴカイや たまに持ち上がる手前の貝が気になる動画
ほいっ

※重いようなら360pで見てください


黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月22日(土)

暴れる貝改めコノボリガイ

10052244.jpgコノボリガイ Rossiteria nucjea ニシキウズガイ科
先週のにごにご ぼけぼけ画像ではあんまりなので 撮りなおしてきた
kudamakiさんに教えて頂いたとおり(有難うございます<(_ _)>)
コノボリガイだった
水が先週よりも良かったからか 今週はあまり目に付かず
やはり濁って視界が悪いほうが こういう小さいものは良く動いているようだ
視界が良いときに動き回っていたら捕食されちゃうもんね

動画も先週のよりは分かるかと(多分)

※重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月22日(土)


今週のアミ2態

さて今週も小さいものばかり
まずは今週もアミの一種から
10011168.jpgアミの一種 Mysida sp. アミ科
これは1月に沖縄で撮ったアミ(砂が白い)
こっちは今週撮った安良里産
10052234.jpgアミの一種 Mysida sp. アミ科
アカスジカクレエビみたいな

アミの種類 200種類近くいるとのことだが
さてビーチでどれぐらい集められるだろうか

しかしアミの一種としか表記できないのが今一興が乗らない(p_-)


黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月22日(土)

鮎解禁?

年とともに 段々安良里までの道のりが 長く感じるようになった今日この頃
だけど 晴れた日のドライブはやはり気持ちが良くて楽しい
10052201.jpg

狩野川にさしかかると
今年初となる 鮎狙いの竿が林立していた
竿10.05.22.12
鮎の解禁って昔は6月1日だと思っていたのだが
ここ数年は5月の中旬ごろに見られるきがする
早まったの?
10052213.jpg

キヌマトイガイ

貝は色々なところに寄生しているが
こんなところにまで!と思うところに見つけた
なんとカイメンの中
10051587.jpgマツカゼガイ 改め キヌマトイガイ Hiatella orientalis キヌマトイガイ科
10051593.jpgカイメンの表面になにか管のようなものが見え
良く見ると中にこの貝がいた(右側にもう一匹の水管がみえる)
こちらは死んで開いた殻
10051596.jpg
kudamakiさんフォロー有難うございます

さて...
本当です
信じて下さい
断じてわざとじゃないのです
たまたまです
裂いたわけじゃないのです...
100515V132.jpgカイメンは再結合するから大丈夫なのです

ごめんなさい...

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

でも本当は

さて 今週はかなりマニアックな一週間だったが
でも本当はこの仔を撮りに行ったんだったりして

えっ?今更何を言ってんだって(^。^)
10051556.jpg
イバラタツ Hippocampus histrix タツノオトシゴ亜科
水が濁っている日には バックが緑に抜けるので
普段は撮れない絵が撮れる

ある意味チャンスではあるのだが
でもやっぱり水は抜けてた方が気持ちいいな


黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

まだまだ

しつこくMMW

今週ずっと書いてきたように 一見なにもないように見える砂地にも
一つの宇宙といっても良いほどさまざまな生物が蠢いている

じっとしていると色々と見えてくるのだが

そんな中でも目を引くのがコイツらだ!

結構暴れるので 細かいピント合わせとかしてるときは
ちょっとウザいっ(=_=)

※重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

遊星からの?

MMWも第5夜に入ると さすがに付いてくるのが厳しくなるか^m^

まあ 着いてこられる人だけ見て
変な生き物満載の砂地の上には 間違いなくワレカラが一番多い
ワレカラも沢山の種類がいるのだが
ほとんどがエイリアンに見えるのって きっと私だけでないはず

これなどは ラスボスに戦いを挑むはぐれエイリアンに見えない?
10051532.jpg

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

謎の甲殻類

さてMMWも早第4弾

昨日のツツムシの動画 本来ならもっとしっかりと撮ってしかるべきだが
何であんな中途半端だったかと言うと
この動画を見てもらえば分かると思う
※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください
タケノコクチキレの周りに色々写っている
手前にはワレカラ そして後ろから謎の甲殻類がぴょこぴょこと現れ
意識がすっかり そちらに行ってしまった

それがコレ!
10051530.jpgさてこの仔は誰でしょう?

※ちなみに動画には昨日のヨコエビsp.やツツムシ ワレカラはごっちゃリ写ってます
探して見てね(^_-)-☆

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

タケノコの上に

マニアック・マクロ ワールド第3弾
タケノコガイの上に 魚の糞のようなものが乗っていた
10051524.jpg
最初はただのゴミだと思ったのだが 何か動いている
ナンだろう?と思い寄っていくと

10051527.jpg
ツツムシ?
しかもツインで?

浮遊物が多く 動画はピントが甘かったので
切り出ししていなかったのだが 画像だけでは分かり辛いとのことなので
一応動画もUPしておきます(ピンが甘く見苦しいです...)


※重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

アミ2態

マニアック マクロ ワールド第2弾

先日アミが 一部で受けたので こちらも第2弾
10051558.jpgアミの一種 Mysida sp. アミ科
金のドットタイプと
10051565.jpgアミの一種 Mysida sp. アミ科
黒スジタイプ

目に付くのはやはり 黄色と黒スジタイプが目立つ
他にも 透明でない白いタイプとかいる

こんな小さなアミにも色々なバリエーションがあって
暇つぶしにはもってこい
(というかハマる人にはタンク一本あっという間(^◇^))

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

視界を横切る黒いもの

というわけでマニアックなマクロワールド第一弾

最近ビーチで撮影していると
視界の隅をちょろちょろ横切っていく気になるやつがいる
小さすぎて何だか分からないが 
どうやらこいつらしい

この映像だけだと何だか分からないと思うが 大きさだけイメージしてもらって

その正体はコイツだっ

10051542L.jpg
Ostracod sp. ヨコエビの一種

多分 砂地に這いつくばってカメラを構える人には分かると思うが
もう視界の隅や ファインダー内で被写体の周りでちょろちょろして
鬱陶しいったらありゃしない(=_=)

今日は透明度が悪かったので 視界が超マクロゆえ
気になってしょうがなかった
ちなみに肉眼では当然上の画像のようには見えない

105mmマクロ等倍ノートリミングでもこんな感じ
10051542.jpg小さな蚤のような形だが
泳ぐときはなんか白くて長い尻尾のようなものを出して泳ぐ
流石に小さすぎてファインダーを覗きながらでは追えず
今のところ画像は撮れていない...


黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

先週撮りかったもの

さて 一週間ぶりの安良里の海
空は晴れて青空が広がっていたのに 海中はまたまた濁った水
正直最近の三保よりも悪い
本日の透明度(ビーチ公称)3mだったが 場所によっては2m以下のところもあった
今年に入ってから既に2回目の3m以下
10年近くビーチに通っているが ちょっと記憶に無い

という訳で今週はあまり動かずにじつとしていたら
1cm以下の変なものばかり撮って見た

Welcome to Maniac Macro World!

とその前に
先週カメラのバッテリー切れで撮れなかったもの
今週もまだいてくれた
1005508.jpgウミテング(幼魚)Eurypegasus draconis ウミテング科
この時期に良く見られるウミテングの幼魚
大人になると その名前の由来となる鼻(本当は吻だけど)が伸びて▼
Renxianzhi_dragon sea moth_oceans.jpg.精悍な顔つきになるのだが

小さいうちは鼻というよりも 尖らせた上唇といった感じで
(はい もう一度上の画像に戻って)
ツンデレっぽくて とても可愛い(^。^)

先週よりもちょっと大きくなっていた
10050824.jpg

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月15日

砂に潜るスジホシムシ

タイトルそのままです


※ 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月08日


ツツイシミノウミウシと謎の生物

そして動画第3弾
またまたハリーポッターのようなタイトルになっているが
ウミウシの横から生える生物
一体なに?


※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月08日

ウミウシを襲う貝

というわけで動画第2弾

貝がウミウシを襲っている場面に遭遇
ホラガイのように丸呑み? 体液チュウチュウ系?
このあと一体どうやって 食するのか気になって
ずっと回していたのだが ライトが気になったのか
途中で貝の眼がこちらを向いて その隙にウミウシが脱出してしまった
貝にとっては良い迷惑 ウミウシにとってはラッキーだったろう


※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月08日

良い絵が撮れた週末

そんなわけで散々だった今週末だが 良い絵が撮れたので良しとしよう

可愛いミノカサゴのペアが優雅にダンスを踊る
とても気に入ったので 初めて音楽を入れてみた

是非見て!!ちょっと長いけど(^。^)



※良かったらフルスクリーンで 重いようなら360pで見てください

黄金崎ビーチ、安良里 2010年05月08日

残念な自分(=_=)

ゴールデン・ウィークが空けた途端 夏のような暑さがやってきた
連休直後の週末はきっと空いているだろうとの狙い通り
高速道路はがらがら 緑が濃くなった山々の間を快適にドライブ
開け放した窓から入る風も緑の匂いに染まっている

安良里に到着すると ダイバー少なく 海も穏やか
絶好のダイビング日和(^。^)

今日は珍しく撮りたいものがあり
エントリしてそっさく目的の魚を発見
さあっ 今日も撮り捲るぞと ファインダーを覗くと...
そこには無情にも



「バッテリ切れ」



の表示 (@_@;)
うぅー 連休前にセッティングして 残量メモリが一つだったのにそのままだった...
目的の被写体は凄くカワユク しばらく心のカメラ(パクリ)で記録したあと
泣く泣くその場を離れた

浮上して道具箱を漁り 代えのバッテリを取り出すが
それは「D70」(先代カメラ)のバッテリだった...
チャージャーも持ってきておらず
今日は写真無しと決定した...

まあ 天気が良いから良いか~と 日向ぼっこをしていたら
今日のTATSUMランチですと ショウ君が【お稲荷さん】を2つくれた
「甘いですよ~」と言われたが そんなことも無く
油揚げの上品な甘みが 程よくご飯に染みて
ご飯に混ぜられたゴマがアクセントで利いた 上品なお稲荷さんだった
一口食べた途端に 「おっと ブログ用に写真を撮らねば」と思い出し
慌ててデジカメを撮りに戻り さあ撮ろうとカバーを空けるが
うんともすんとも言わない
またしても


「バッテリ切れ」


もう苦笑いしか出なかったとさ(゜-゜)

しかし今日はこれだけで終わらなかった

【不幸・不運は3度続けてやってくる】のジンクス通り
帰りの東名で覆面パトに捕まる...(>_<)
特にスピードを出していたわけでは無く 前の車との車間が開いたので
詰めたとたんに後ろからサイレンが鳴り響き
捕まったさぁ(p_-)
113/Kmだと
35/kmオーバーだと
120/km以下で捕まるなんて
今日の自分 なんて不運なんだろう...

ちなみに ドライバーはみな知っているでしょうが

東名 鮎沢PA 付近のカーブ・トンネルゾーン


覆面パト多し!!要注意です




あぁー 残念過ぎる今日の自分だった (=_=)