クマドリカエルアンコウ(幼魚)

クマ09.11.28.15クマドリカエルアンコウ(幼魚) Antennarius maculatus カオルアンコウ科
今 ビーチの人気を独占している白いクマドリカエルアンコウの幼魚(以下通称シロクマ)
可愛さで言ったらやはりダントツで
一日中 写真を撮るための待ち行列が 水中に出来ていた
以前は冬になると必ず現れてくれていて もう飽きるほど撮っているのだが
ここ2年は出現しておらず 実に3年ぶりの登場だ
混んでいるので別に良いかとも思ったのだが
ちょいと覗くと やはり可愛さにレンズを向けずにいられなかった



まだこんなに小さいのだが(画面左の見苦しいのは人差し指)
クマ09.11.28.42安良里のダイバーはみなマナーが良いので
きっと大きく成長するまで 我らを楽しませてくれることだろう
スポンサーサイト

さて何でしょう

ハゼ09.11.28.32さて 久々に良い海だった昨日
久々にハゼなどを撮ってしまった
このハゼ何だか分かりますか?
サビハゼでもニラミハゼでもなかったです
ちなみに私は思いつきませんでした
ちょっと意外?
ハゼ09.11.28.28


とうとう

トサカ09.11.28.V114ビーチのランドマーク オオトサカが とうとう跡形もなくなっていた
場所が場所だけに 弱った体では色々なことに耐えられなかったか
長い間ご苦労様

トサカ09.12.05.94V砂地に落ちて転がっていたオオトサカ

気が早い

ミノ09.11.21.16ミチヨミノウミウシ Cuthona sibogae オショロミノウミウシ科
まだ11月なのにウミウシが増えてきた
海中は暖かで快適なのに ウミウシが増えてきたり
これもまた気の早いマトウダイなんかがふらふらしているのを見ると
気分的に冬が来た気になる
ミノ09.11.21.26アデヤカミノウミウシ Flabellina exoptata サキシマミノウミウシ科
まだまだ出てこなくて良いから!

この幼魚 なあ~んだ

ブダイ09.11.21.36さて早速だけど この幼魚 なあ~んだ

答え↓

続きを読む

困った顔

ニシキ09.11.21.05ニシキフウライウオ Solenostomus paradoxus カミソリウオ科
久々ビーチに登場のニシキフウライウオ君
連日のモデルで少々疲れ気味か
何となく迷惑そうに見えるのは気のせい?

うねりが有ったので若干 呼吸音が荒いのにはご勘弁を

最初の一歩

ミドリ09.11.21.13タマユビミドリイシ Acropora anthocercis ミドリイシ科
2008年は国際サンゴ礁年で 安良里のビーチポイントでも色々と調査が行われていたが
最近ビーチでもミドリイシの仲間が着々と成長している
ある予想では2050年までには 東京湾がサンゴ礁で覆われるという風に書かれていたが
案外 ありえない話でも無いと 最近思う
ミドリ09.11.21.12

だから邪魔だって

アマ09.11.07.89アマクサヨウジとクツワハゼ
オレンジ色の鮮やかなアマクサヨウジがいたので 被写体になってもらっていたのだが
どうも視界の隅をチョロチョロ動き回るヤツがいて
そのうちしっかりフレームに入ってくるようになった
この手の底棲のハゼは好奇心が強く ちっとも人を怖がらないので
練習などには最適なのだが
時に少し煩わしいぞっ!
アマ09.11.07.V127アマクサヨウジ Festucalex erythraeus ヨウジウオ科
おまけの画像 どうぞ
カニ09.11.07.89

鏡じゃないよ

モン09.11.07.29
モンツキベラ(幼魚) Bodianus dictynna ベラ科
そういえば台風の後 この仔たちが一気に増えた
大きな岩や根のオーバハング気味のヤギの近くに多く
腹側を常に壁に向けているので なかなか絵にならない

さらば丑年

ウシ09.11.07.68クロヘリアメフラシ Aplysia parvula アメフラシ科
立冬も過ぎ 今年も残すところあとわずか
今年【丑年】は大活躍だったであろうウミウシ君
一年間ご苦労さん

来年は寅年なので きっとあの辺が引っ張りだこになるはず

この仔も実はこんなに小さかったりして
ウシ09.11.07.70

新しい仲間

タンザク09.11.07.58タンザクゴカイ Chrysopteralum occidenrale タンザクゴカイ科
ゴカイのコレクションにまた一つ新しい仲間が加わった
ちょっとずんぐりして ぱっと見ウロコムシのように見えるこのゴカイ
おそらくはタンザクゴカイもしくはその仲間だと言うこと
あまり文献が無く 断定はできないそうだが

オキヒイラギ

オキ09.11.07.51オキヒイラギ Leiognathus rivulatus ヒイラギ科
少し前から群れていたオキヒイラギ
今日は日差しもたっぷりで ずっと見ていても飽きなかった

今までで最小

オニ09.11.07.36オニゴチ Onigocia spinosa コチ科
この時期になるとオニゴチの幼魚が目に付き出す
今週は今まで見た中でも 一番小さいチビに出会った
オニ09.11.07.111V胸鰭を使ってぴょこぴょこ動く様子は 機械仕掛けのおもちゃのようで
可愛らしい
しかし探しているアネサゴチには未だ出会えない
瀬能先生によると塗り分けにならない可能性が強いとのことなので
もっと目立たない仔をチェックしていかないといけないのか

一日の終わり

夕日09.11.07.V133そんな一日の終わりは 素晴らしい夕日だった
少し前までは 3本潜ってもまだまだ明るかったのに
すっかり暗くなるのが早くなった

ダイビング日和

立冬の朝 富士山はうっすら雪化粧
DSC04860.jpg
溢れるぐらいに降り注ぐ日差しが 緑の芝生を輝かせている
DSC04861.jpg
台風で流されていた機材置き場も復活!
DSC04863.jpg海は静かで 絶好のダイビング日和だ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。