温暖化

02.42.44V.jpg
マトウダイ Zeus faber マトウダイ科
「温暖化」という言葉が一般に浸透して久しく ことあるごとに耳に入るようになった
人々も少しずつだけど ちょっとおかしい? と気づき始めてるのか

我々ダイバーは いつも海とふれ合っているからその温暖化を肌で感じている

今は2月
例年では13~14℃まで下がる水温は
17℃もある

心なしかマトウダイも困惑しているように思えた
スポンサーサイト

久々に

DSC_0016.jpg
ウンモンイソメ Eunice tentaculata イソメ科
久々に にょろにょろ系
正面から顔が非常に可愛く撮れたのだが 残念なことに若干 ピンボケ
しょうがないので横顔を

困ったことに にょろにょろ系は 再び会える確立がほとんど無く
撮り直しが利かないのである
もったいなかった

逆に目立つって

02.17.25.jpg
ミズヒキガニ Eplumula phalangium ミズヒキガニ科
シロガヤの中に 何か黒いものが混ざっているので
近寄ってみると ミズヒキガニがクロガヤを持って隠れていた
いや 隠れてないって

カコボラ

02.17.36.jpg
カコボラ  Monoplex echo フジツガイ科
貝殻の話 太い螺肋がなかなか魅力的な巻貝 殻皮は樹皮状で剥がすのが大変 
苦労して剥がすと綺麗な巻貝が現れる

生体を久しぶりに見つけた
カコボラの軟体部は地味な外見に似合わず豹柄でとても美しい
しばらく待ってみたのだがなかなか動き出してくれない
たまにぴくぴくと殻を持ち上げたりするのだが 眼すら出てこない
寒くなったので殻だけ撮って諦めた

安良里が極楽な理由

DSC_0010.jpg
春は青い芝生で転寝
夏はまぶしい太陽と青い海
秋はシーズン真っ只中でほかの海には行けない面白さ
そして静かな冬
空いていれば コーヒーを飲みながら 好きなだけ湯に浸かっていられる
もうひとつ タツミ特製 今週のお汁
これが絶品
DSC_0028.jpg

そういえば

04.09.23-15.jpg
ミヤコキセンスズメダイ幼魚 Chrysiptera leucopoma スズメダイ科
そう言えば 去年の夏 ビーチでイチモンとミヤコキセンの幼魚の混同の話で盛り上がった
ここ数年ミヤコキセンの幼魚がビーチで出ていなかったから勘違いしていたが以前は良く出ていた
確かミヤコキセンの幼魚は伊豆では暗色型になって イチモンのような明色型にはならないと
聞いた気がした
何で忘れてたんだろう

古い画像を整理していたら出てきた

未知の世界

02.10.51V.jpg
ヒラムシの一種
三保に多いというヒラムシ このときも5匹が同じ場所に集まっていた
多いというが 今まで見た記憶が無い
こんな特徴的なヒラムシなら忘れることは無いと思うのだが
まず大きい それになぜかブラシのような柔毛が生えている

しかし こんなにも特徴的なヒラムシなのに和名が分からない
そろそろ誰かヒラムシの整理始めてくれないものだろうか

02.10.24.jpg
ミスガイ Hydatina ohysis ミスガイ科
人は何かと顔に見立てて擬人化する習性がある そうすることで精神的な安定が得られるという
車のバックビューなどもそうだ
ウミウシや貝類にも眼があることを我々ダイバーは知っている
写真などを撮る際にも眼が写るようにピントを合わせる
そうすることで 一般には気持ちが悪いと言われる軟体動物に親近感をもたせることができたのではないか
ある種の貝の眼は 見ようによってはかなりぎりぎりの感もあるが

驚愕のシーン

02.10.50V.jpg
コモチジャコ Amblychaeturichthys sciistius アカハゼ属
「その光景を見たときには驚愕した」
去年初めてコモチジャコのコロニーを見せてもらったときにブログに書いた言葉だ
今回は2回目だったけど やはりその光景には思わず息をつく
何とか数匹が画面内に収まっているが 光の届かないその後ろには 更に数十の単位で群れている
いつか水の良い晴れた日に 一面にホバーリングするコモチジャコの姿を
フィルムに収めたいものである

ハグルマケボリ

02.10.06.jpg
ハグルマケボリ Rotaovula hirohitoi ウミウサギガイ科
長く恋焦がれた恋人に会いに 三保に行ってきた

奄美やパラオにいた頃 貝殻拾いにはまり 潜っては砂溜まりで貝殻を漁っていた
図鑑を眺めながらゴールデンカウリーやグローリー・オブ・ザ・シーと並んで
いつかは手に入れたいと焦がれた貝殻が このハグルマケボリだった
学名の小種名は昭和天皇に捧げられたものであり ケボリの王様と呼ばれている美しい貝だ
殻は黄色味を帯び 特徴的な肩の瘤状突起はコレクター心に強く訴える
まさか生体に海中で出会えるとは夢にも思っていなかった
いつかは貝殻も手に入れたいが 取りあえず写真が撮れて
長年の片思いが実ったような 幸せなダイビングだった

そんなわけで 長い間焦がれていた貝にあっさりと出会えてしまったが
自分では絶対に気づかないだろう小ささと環境だった
恐るべし三保の海 とガイド

普段は撮らない

02.03.30.jpg
ユビナガワモンヤドカリとイシダタミヤドカリ C.krampfi & D.crassimanus
周りではヤドカリが大人気である
周りといってもダイバーではなく ガイドや写真家などの間である
伊豆で見るヤドカリはほとんど同じに見えてしまうので 普段はあまり撮らないのだが
赤い歩脚が遠くからでも目立つ ワモンヤドカリの仲間はついレンズを向けてしまう
ワモンヤドカリが新しい殻を奪おうとしているのか 挟脚でマガキガイの胎殻をコツコツと叩くと
イシタダミの方は殻から身を乗り出して逃げ出そう(?)としていた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。