習慣

05.28.35.jpg
アラームの音で眼が覚める
夜通しふっていた雨がまだ上がっていない
どうしようか、行くの止めるか
まだ覚めきらない頭でぼんやりと思う
しかし、体は勝手に起きだして顔を洗っている

車を運転しながら木々の緑を見ていると
ああ、やっぱり来て正解
と毎週のように思う
長く続く週末の習慣

魚が増えてきた

05.13.54.jpg

水温が上がり、徐々にではあるが魚が増えてきた
年明けから今までは色々な模様のスナビクニンの仔達が一手にモデルを引き受けてくれていたが
そろそろ水温が肌に合わなくなってきた様子で、お気に入りの海藻の根元から姿を消し始めた

変わってちらほらと幼魚たちが目に付き始めた
去年までしばらく目に付かなかったマメマクラが今年は早くも沢山目に付くようになった
ケイソンにはまだ何者か分からないハナダイの仔が流れ着いた
安良里はハナダイの根付きが良いので、きっと大きくなるまで同じ場所にいてくれることだろう
はて、何に育ってくれることだろうか

正体が分からない魚達を、海から上がった後に仲間達と議論するのは
ダイビングあとのもう一つの楽しみ

05.13.45.jpg

引き続き浅場の楽しみ

05.06.38.jpg
浅場にホンダワラが育ってきた
ドロメやチャガラの幼魚が目に付くようになってきた
EX前の楽しみがまた一つ増え
潜水時間が少しだけ長くなる

襲われるニホンフサゴカイ

05.04.91.jpg

気持ちが良かったのでもう一枚

浅場で安全停止中も気が抜けない
ここの斜面には沢山の被写体とドラマがある
手振りの石を裏返すとウミフクロウとニホンフサゴカイがついていた
春先のこの時期はウミフクロウの幼体がそこいら中で見られる

ウミフクロウがゴカイを捕食の瞬間!

に見えるように撮ったが実際は、

いきなり白日の日差しにさらされ慌てたウミフクロウは必死に石の裏側に逃れようと
動けないニホンフサゴカイの上を横切って行っただけで
ゴカイは食べられることなくウミフクロウは石の裏側に逃げ込みました
めでたしめでたし

衝撃の映像の大半はこのように撮られているものなのだ(笑)
もちろんこの後で石は元通り裏返して元に戻して置いた

気分を変えて

05.04.17.jpg

今日は気分を変えて三保に行ってきた
ここのところ出張続きやダウンなことばかりで
少し気分転換したかった

巷ではゴールデンウィーク
一番エアースポット的な4日を選んで三保に出かける
やはり少しは渋滞するだろうと覚悟して行ったが
拍子抜けするぐらい車は空いていた

天気は上々、海も穏やかで透明度も良い
そうなると三保の海は無敵だ
珍しいテナガコウイカやイナカウミヘビ
フォトジェニックなタカクラダツやサギフエの群れなど
被写体がこれでもかと挑んでくる
それにしても三保の海底は背景を彩るソフトコーラルが
無数にあって羨ましい

2本潜ってすっかり満足したが
帰りの渋滞を考え
ガイド氏との楽しいロギングと松庵の桜海老かき揚げそばを
諦めなければならなかったのが残念だった

気分的にはすっかりリフレッシュできたのだが
やはり今日の一番は私的にはゴカイだったりして