EX時の楽しみ

04.29.24.jpg

今年は浅場にイダテンカジカの幼魚が大発生している
続いていた低水温が影響しているのか
去年まではこんなに目に付かなかったように思う

浅いので
海が静かでないと撮るのに苦労するが
静かなときは帰ってくるのが潜る前から楽しみになってしまうほど
良い被写体だ

浅場の岩などにも沢山付いているが
岩の色をしているので
やはりEXのスロープに生えた緑の海藻の中にすんでいるものが
綺麗で良い

妖しの花

04.22.14.jpg

水中では沢山の花が咲いている
中でもゴカイの仲間は綺麗な花を咲かす
この下にゴカイの本体があるなんて誰が想像できるだろうか

寒い、楽しい

20060417195139.jpg

今年は低水温が続いている
と思ってログをめくっていたら、去年も4月の初めまでは14℃だった
なぜ寒く感じるのだろうか
ウミウシが大量に観察できたり、スナビクニンが同時多発的に観察されているからか
このクロソイの幼魚も寒さを感じさせてくれる魚だ

寒いけど潜るたびに新しい発見がある
寒いから潜らないというダイバーの気持ちが分からない
この年になり、ダイビングに飽きるどころか、まだまだ楽しくなる、どんどん潜りたい

去年は丁度今頃から急激に17℃まで上昇している
もうすぐ水温が回復するのだろうか
もう少しこのままでも良い気もする

ムシクラゲ

20060409225829.jpg

ムシクラゲ
名前に有る通りクラゲである
水クラゲなどにも着底生活を送る時期がある
そのポリプかストロビラのようであるがこれで成体なのだそうだ
ネオテニーなのか?

漢字で書く海月には当てはまらないと思う
ヘンな生き物

魚にだまされる?

04.01.13.jpg

魚たちは環境に合わせてころころ色を変える

砂地に見慣れないハゼが~!!!っと興奮して撮影していると

やれやれ、またウザったいダイバーか
と、面倒くさそうにひろひろ泳いで海藻の間におさまった
04.01.17.jpg

え!?
アナハゼ...
ハゼですらないじゃん
おりしも今日はエイプリル・フール
ふと、思い返すと何度この手にやられたか
いや、魚たちは別に悪くはないのであるが